【2023.02 農業塾ホームルーム】受講生のみなさんへ

●2月11日(土)は視察研修を実施します

すでに授業でもご案内しているところですが、2月11日(土)は視察研修です。
2月は、通常の講義、実習はありません。
視察研修へご出席の方で、急なご都合でご欠席される場合は、必ずわかった時点でご連絡をお願いします。

日時 令和5年2月11日(土)

松阪農業公園ベルファーム・北駐車場 
  8時30分 集合・出発

ナント種苗株式会社 宇陀育種研究農場
  11時頃 到着予定 講話、見学等

・昼食 道の駅 宇陀路大宇陀(自由食)
 ※施設となりにもコンビニがあります。

・薬の館(宇陀市歴史文化館・旧細川家住宅)
  13時頃~ 見学1時間程度予定

・国の天然記念物・八ツ房杉(桜実神社)
  14時30分頃~ 見学

・松阪農業公園ベルファーム・北駐車場
  17時頃 帰着予定  


研修費用 1人3,500円

※ルート上に積雪がある場合は、安全運行のため中止する場合があります。
 道路事情等でやむを得ず中止の場合、講師が直接ご参加の皆さまへ電話連絡いたします。
※積雪等がある場合、また帰着時間が大幅に超過すると見込まれる場合は、国の天然記念物は道路事情が良くないので中止する場合があります。

※研修効果を高めるため、原稿用紙2枚をお渡ししますので、後日ご提出ください。
※内容は、今回の研修を含め、農業塾に対する要望など自由記載とします。

| | コメント (0)

第11期・第5回 1限目 講義「ピーマン」

きょうは朝からの大雨で、ベルファームの連棟ハウスで森川塾長の授業を行いました。
机はなく、収穫コンテナをひっくり返して椅子を作り、とりあえずの教室を作りました。
ハウス内は叩きつけるような大雨の騒音で講師の声が聞き取りが困難なほどでした。
202301146

| | コメント (0)

第11期・第5回 2限目講義 「第8回楽しく学ぶ農業者雑学認定」

きょうの2限目は、藤田講師による第8回目の「楽しく学ぶ農業者雑学認定」を行いました。
きょうは大雨で予定していた実習ができなくなったので、農業者認定を実施いたしました。
農業を取り入れた頭の体操クイズに回答していただき、正解数に応じて農業者の”偉人”、”名人”などに認定、といった遊びの要素を取り入れつつ、農業の知識を深めてもらう授業になります。
問題は、学問的な難しい問題ということではなく、身近な生活の中での問題を中心に考えています。 
今回も農業者の”偉人”を目指して頭をひねっていただきました。
大雨の騒音と黒板がないので、解答の解説に苦労しました。

202301149
第8回の認定問題は以下のとおりです。
Q1 農業分野で「F1」と言えば何のことですか?
Q2 アズキの花の色は何色ですか?
Q3 シクラメンの別名(和名)は何ですか?
Q4 草木も眠ると言われる時間はいつですか?
Q5 「らくだ」という品種があるのは何の作物ですか?
Q6 化成肥料の袋に保証成分量「17-0-17」と記載されている肥料の別名は何ですか?「○○化成」と答えてください。
Q7 「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」と言ったのは誰ですか?
Q8 カボチャの種は丸い方、とがった方、側面のどこから芽が出ますか?
Q9 点まき、バラまき、すじまきのうち、最もタネが節約できるまき方はどれですか?
Q10 農業技術が未熟だった昔は、稲作の出来不出来など農業上の重要なことは誰に頼んでいましたか?

| | コメント (0)

第11期・第5回 3限目実習「マメ類の採種、収穫」

きょうは大雨が止まず、傘をさしていただいてマメ類の採種と冬野菜の収穫をしていただきました。
マメ類の採種は、昨年の5月の実習で受講生の皆さんに播種していただいた「ナタマメ・フジマメ・シカクマメ」の3種類の採種です。
2023011415 2023011416
そのあとは、ダイコンやカブ、赤菜などの冬野菜を欲しいだけ収穫をしてお持ち帰りいただきました。
2023011423

| | コメント (0)

新年のごあいさつ

受講生ならびに関係の皆さま方
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。  

昨年は、当農業塾にとってまさに試練の年、激動の一年でした。
おかげさまで農業塾は昨年9月から第11期目を迎えていますが、NPO法人三重スローライフ協会の解散にともなって、あらゆる面で農業塾の運営が難しくなり、松阪市の後援をいただいたり、実習ほ場の確保はできたものの教室が使えなくなって野外の教室でしのいだり、受講生の皆さま方には大変なご不便やご心配をおかけいたしました。

とにかく学習環境の整備・確保が緊急の課題であったそんな折、「東畑生家」を管理されている中川電化産業株式会社の河中社長からそういうことならば、と快く東畑生家を学習施設として開放していただけることになり、窮地に追い込まれていた農業塾を救っていただきました。

東畑生家の開放のみならず、東畑生家の駐車場の畑地化や会社の公用車の貸与まで、運営の苦境にあった我々を温かくご支援してくださいました。
そこで河中社長を農業塾の顧問の先生としてお迎えし、今後も農業塾の運営にご指導をお願いしています。

東畑生家での農業塾は思ってもみなかったことですが、これには東畑精一博士も喜ばれてみえるのではないかと思います。
あらためて中川電化産業株式会社の河中社長はじめ、役員様、社員様に感謝申し上げたいと思います。

さまざまなご支援を賜り、そのご支援に応えられる農業塾の運営に今年も努力し続けたいと考えています。
これからも受講生全員が健康で楽しみながら農業で活躍できる、その中核となる農業塾をこれからも長く継続していく所存です。

本年も引き続き、農業塾へのご理解、ご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。  

松阪市後援 農業塾
   塾長 森川茂幸
   顧問 河中英祐
   講師 藤田育美
 

| | コメント (0)

【2023.01 農業塾ホームルーム】受講生のみなさんへ

●1月14日(土)は、開校します

1月14日は、平常授業となります。

日時:1月14日(土)9:00~出席をとります。
場所:松阪農業公園ベルファーム・第5号ほ場

    ※ログハウスが建っているほ場です。
準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、スコップ、防寒着など

※農場は天候によって強風で非常に低温となることがありますので、必ず防寒着をご持参ください。


●2月11日(土)は視察研修を実施します

すでに授業でもご案内しているところですが、2月11日(土)は視察研修です。
2月は、通常の講義、実習はありません。
バス配車の都合上、視察研修への出席、欠席の意思確認をいたします。

日時 令和5年2月11日(土)
   松阪農業公園ベルファーム・北駐車場 
    8時30分 集合・出発
    17時頃 帰着予定  

研修予定先
・ナント種苗株式会社 宇陀育種研究農場
・薬の館
・国の天然記念物

研修費用 1人3,500円

※ルート上に積雪がある場合は、安全運行のため中止する場合があります。
※積雪がある場合、国の天然記念物は道路事情が良くないので中止する場合があります。

| | コメント (0)

第11期・第4回「収穫実習」

きょうは農場の収穫実習を行ってから「東畑生家」へ移動を行いました。
収穫実習では、10月の実習で定植した白ネギ3品種と、ハボタンは紅白で1株づつ、カブラ2~3株を収穫して、サトイモと大量のダイコンは東畑生家に運んであり、それらを収穫していただきました。
ほ場は突風が吹き荒れており、早々に切り上げて東畑生家へ向かいました。
202212244 202212248
2022122411

| | コメント (0)

第11期・第4回 特別講義「中川電化産業株式会社」

東畑生家では、毎年年末恒例の特別講義から始まりました。
特別講義は必ずしも農業に関係するということではなく、広く一般的な事柄についての講義としています。
今回の特別講義は、河中先生の講義で「中川電化産業株式会社」についての講義でした。
創業85年にも及ぶ中川電化産業株式会社のその歴史について、初代が大阪で創業して以降、河中先生は5代目となるに至るまでの経過のお話がありました。
その中で日本国民のほぼ100%に定着したと言ってもよいかと思いますが、電子レンジと言えば「レンジでチン」という誰もが知っている電子レンジのタイマー音は中川電化産業株式会社のタイマー音だそうです。
その他にも洗濯機のモーター、車の電動スライドドアの部品などもトップシェアを持つものがあり、高い技術力で会社を大きくしてきており、韓国や中国などの海外へも拠点を持つまでになったとのことでした。
その高い技術力で製品の安全性を高める技術開発、電気のないところで使えるような電気の要らない製品開発など、聞けば感心するものばかりでした。
また、田中覚氏(6代前の三重県知事)との関係や農業土木の上野英三郎博士のお話など、多岐にわたる興味深いお話を聞くことができました。
2022122420

| | コメント (0)

第11期・第4回「松竹梅の盆栽実習」

東畑生家には、広い昔の農家の土間がありますが、そこを教室にしていただきました。
河中先生の講義のあと、土間教室に移動し、松竹梅の盆栽実習を行いました。
みんなが向かい合って松竹梅や南天を使って日本伝統の正月の祝景を作りあげていきます。
松にしても梅にしても、どれひとつとして同じ枝ぶりのものはなく、同じ作業をしていても初めから唯一のものであり、仕上がりも百作れば百通りとなります。
そこが面白いところであり、少し場所を移動させたり向きを傾けたり、思い思いに工夫をしながら進めていただきました。
松竹梅の苔むしたお山を作り、岩の下には池を、最後にはツルのつがいをお山に放ちます。
いかにも正月らしい日本庭園の祝景になります。
2022122422 2022122433
2022122436 2022122437
最後に全員で記念写真を撮りました。
2022122448
皆さま、松竹梅の盆栽とともに良いお年をお迎えください。

| | コメント (0)

【2022.12 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●12月24日(土)は、開校します
コロナウイルス第8波により感染が拡大傾向にありますが、現時点での休校の予定はありません。
不測の事態により、休校となる場合はこのホームページ上に掲載するとともに講師が受講生の皆さまに直接連絡をいたします。

12月24日(土)に、正月用の松竹梅の盆栽実習を行います。

費用:諸材料費 約3,500円程度

※諸材料は卸値で調達しますが、年によって相場が変動しています。
 盆鉢(昨年使用した鉢)をお持ちで、盆鉢が不要の場合は、200円の
値引きをします。
 当日、諸材料費の集金と、出席をとります。

日時:12月24日(土)9:00~出席をとります。
場所:第5号ほ場へいったん集合してください。

予定:9:00~「第5号ほ場」で集金と生産物の収穫を行います。
    ※ホームルームで2月の研修旅行の説明を行います。
   9:30~「東畑生家」へ移動します。
    ※公用バスを配車予定ですが、自家用車で移動されてもかまいません。
     自家用車で移動されます方は「東畑生家」で解散となります。
【修正】公用バスを配車予定でしたが、都合により配車いたしません。
    各自の自家用車でご移動していただき「東畑生家」で解散といたします。
    講師の先導車のあとをついてきてください。
    「東畑生家」の場所をご存じの方は、車列の間に入っていただき、誘導にご協力お願いします。
    また、最後尾にも講師の車が行くこととします。
    
   10:00~「特別講義」を実施予定です。
    ※河中先生の講義を予定しています。
    河中先生の講義が終了後、松竹梅の盆栽実習を行います。
   12:00 終了予定「東畑生家」にて解散します。
    ※公用バスはベルファーム北駐車場へ向かいます。   

準備物:防寒着、飲み物、帽子、長靴、軍手、鍬、スコップ、ビニール手袋、ビニール袋(多めに)段ボール箱新聞紙など
※作業服は汚れても良い服装でお越しください。
なお、農場は晴天でも強風となることがあり、防寒具は必ずお持ちください。
強風時には、体感温度がかなり低下します。
西高東低の冬型の気圧配置の場合、常時風速5~7m程度の強風が吹いています。
この場合、体感温度としては5~7℃程度、気温が低くなるとお考えください。

●来年2月の研修旅行の「参加・不参加」の申し込みをお願いします。
バス調達の都合上、参加人数を確定する必要がありますので、不参加の場合も、不参加とお申し込みください。
お申し込みの内容に変更がある場合は、早急にコメントに入力するなど、ご連絡をお願いします。

※研修旅行詳細は12月開校日のホームルームでお話しし
ます。

実施日程
令和5年2月11日(土)

研修予定先
・ナント種苗株式会社 育種農場
・薬の館
・国の天然記念物

| | コメント (0)

第11期・第3回 さつまいも収穫

きょうは「ミカン狩り」前に受講生の皆さんで農場のサツマイモ2品種の収穫をしていただきました。
サトイモの収穫は時間の関係で、事前に講師が収穫したものを受講生で分けたのと、きょうの相可高校への手土産のひとつとして持参しました。
2022100837

| | コメント (0)

第11期・第3回「ミカン狩り」

きょうは三重県立相可高校の果樹園へ「ミカン狩り」に行きました。
農業高校との連携は、林業関係では以前にもありましたが、果樹関係では初めての連携活動になります。
きょうは受講生のお子さん(小学生男児)もご参加いただき、にぎやかなミカン狩りとなりました。
小型バスに乗り合わせて相可高校の農場へと向かいました。
202211123 202211125
相可高校では農場長の先生、果樹の先生、相可高校の生徒さん6名も大勢で出迎えていただきました。
お互いのごあいさつと自己紹介を行い、高校生の皆さんと一緒にミカン狩りを行いました。
高校生の皆さんは、果樹を学習されている3年生の子たちでミカンの品種などを教えていただきながらミカン狩りを楽しみました。
思い思いにどの木がおいしいとか、日当たりが良い枝がいいとか品定めをしながら収穫をしていました。
2022111214 2022111219

カキは選果場にあったカキを分けていただきました。
2022111233 2022111228
選果場では、大きな選果機に見入っていた小学生の子に高校生の一人が「これは…こうなってるんだよ。」と説明している場面が見られました。
帰るころには小学生と高校生の間にゲームか何かの共通の話題ができたようで、すっかり仲良くなっていました。
楽しい時間はあっという間に終わり、最後に高校生代表のお二人からお礼の言葉をいただきました。
2022111239
美味しいミカンと普段は触れ合うこともない十代の高校生の若い子たちとの交流で、受講生の皆さんもとても良い刺激をいただきました。
きょうは休日にも関わらず、ご対応してくださった相可高校の先生方、6名の生徒の皆さま、本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

【2022.11 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

🚩NEW
「ミカン狩り」に行く前に農場でサツマイモの収穫実習を行います

 実習のご用意をお願いします。
 追加の準備物として、収穫したサツマイモを入れる袋をミカンと別でご用意ください。
 天候によっては、サツマイモの収穫は中止する場合があります。

●11月12日(土)は「ミカン狩り」を実施します


日時:11月12日(土) 
    9:00(ベルファーム北駐車場集合)
  ~12:00(ベルファーム帰着)

※小型バスを北駐車場へ配車します。

※北駐車場で出席をとります。
 急にご欠席される場合は、必ず連絡を入れてください。
 バスが出発できませんのでご協力お願いします。

※自車で行かれる場合もいったん北駐車場へお越しください。

場所:三重県立相可高等学校・果樹園

準備物等:作業着、防寒服、軍手、手袋、長靴、飲み物、お菓子、収穫物を入れる袋など
     (※授業の一環ですので飲酒は厳禁です)

費用:(1)農業塾受講生
     500円(諸経費)+ミカン代(各自の収穫した分)

   (2)受講生以外
     1,000円(諸経費)+ミカン代(各自の収穫した分)

※当日は第5号ほ場での講義・実習はありません。
※雨天は決行します。

| | コメント (0)

第11期・第2回 3限目 実習「ハボタン・白ネギ定植、サツマイモ収穫」

実習は、ハボタンの定植からでした。128トレーに育苗した紅白のハボタンを定植します。
わい化剤の処理を行ってあり、播種後2カ月経過していますが定植適期の苗になっています
2022100811 2022100814
次に白ネギを雑草の中から引いてきて定植をしました。
今年は雨続きの天候で、いろんな作物が雑草の中になってしまいました。
2022100823 2022100830
サツマイモの収穫では、鳴門金時のところを収穫していただきました。
正確に計量したわけではありませんが1株あたり2kgぐらいありそうでした。
2022100838 2022100841
最後に収穫したサツマイモを受講生の数で均等に分ける作業をしていただき、お持ち帰りとなりました。
2022100844

| | コメント (0)

【2022.10 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●10月8日(土)は、開校します

日時:10月8日(土)9:00~出席をとります。
場所:松阪農業公園ベルファーム・第5号実習ほ場
    ※第5号実習ほ場は、ログハウスが目印のほ場です。
    ※北駐車場または東駐車場から徒歩でお越しください。
    各施設のご案内

準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、スコップ(大型)、傘、カッパ、防寒着など

※実習ほ場内のパイプハウスにテントを設営しますので、ご協力お願いします。
※開校式をご欠席されました方は、受講料の納入をお願いします。
※農場は天候によって、暑かったり寒かったりしますので、調節できるような作業服をご持参ください。
※雨天でも、時期を外すと実施困難となる実習は、実習を行う場合があります。
※天候によっては傘やカッパのご準備をお願いします。

●11月12日(土)は「ミカン狩り」を実施します

日時:11月12日(土) 
    9:00(ベルファーム北駐車場集合)
  ~12:00(ベルファーム帰着)

場所:三重県立相可高等学校・果樹園

費用:(1)農業塾受講生
     500円(諸経費)+ミカン代(各自の収穫した分)

   (2)受講生以外
     1,000円(諸経費)+ミカン代(各自の収穫した分)

※参加・不参加のお知らせをお願いします。(配布用紙にご記入ください)

ダウンロード - 2022.11.12._e3839fe382abe383b3e78ba9e3828ae381aee38194e6a188e58685.pdf

| | コメント (0)

松阪市後援・農業塾 第11期生の開校式を行いました

NPO法人の解散に伴い、第11期から農業塾の運営団体は東畑精一顕彰会「楷(かいじゅ)の会」となりました。

東畑精一顕彰会「楷(かいじゅ)の会」は、もともとは東畑精一博士の顕彰団体としてNPO法人内に設立されていたのですが、第11期より農業塾の運営団体としての役割を担うことになりました。

法人格を持たない団体が農業塾を運営することになり、これまで通りの運営とはならないことが多いですが、受講生の皆さまのご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

農業塾につきましては、第11期から松阪市後援の農業塾として新たなスタートを切ることになりました。

NPO法人から役員2名が移籍し、新たに顧問兼特別講師をお迎えし、従来と同様の講師3名体制を確保いたしました。

第11期生の開校式は、ベルファーム内の施設は使えなくなったため、今期から東畑生家を借りて行うことになりました。

開校式では、森川塾長から開校のご挨拶がありました。
そのあと、受講生Kさんが受講生代表のご挨拶をしていただきました。
202209102202209105
講師紹介では、11期から新たに顧問兼特別講師になっていただく河中先生のご紹介をいたしました。
河中先生は、農業分野のみならず多方面に見識が高く、加えて農業塾の存続をご指導いただいています。
その河中先生から新任のご挨拶をいただきました。

あと引き続きになりますが、講師の藤田を加え、講師3名体制で第11期の農業塾を運営してまいりますのでよろしくお願いいたします。
2022091016 2022091017

| | コメント (0)

第11期・第1回 1限目講義 「コマツナ」

きょうの1限目は森川塾長の講義で「コマツナ」でした。
今月末から播種適期になりますので、学習内容を実践してみてください。
2022091019

| | コメント (0)

第11期・第1回 2限目講義 「第7回楽しく学ぶ農業者雑学認定」

きょうの2限目は、藤田講師による第7回目の「楽しく学ぶ農業者雑学認定」を行いました。
定期的に認定を行う予定でしたが、前回からしばらく間が空いてしまいましたが、「楽しく学ぶ」農業塾ですので、今後も続ける予定です。
農業を取り入れた頭の体操クイズに回答していただき、正解数に応じて農業者の”偉人”、”名人”などに認定、といった遊びの要素を取り入れつつ、農業の知識を深めてもらう授業になります。
徐々に農業者の「偉人・名人」に近づいてきているようです。 
今回も農業者の”偉人”を目指して頭をひねっていただきました。
2022091022
第7回目の問題は、下記のとおりでした。

Q1.暦のうえで「土用」の期間は、何日間ですか?
Q2.十月桜、冬桜、不断桜といえば、どんな桜のことですか?
Q3.カボチャは、雄花と雌花ではどちらが早く咲くでしょう?
Q4.和菓子に欠かせないマメ科の作物とは何でしょう?
Q5.サクラのソメイヨシノのご両親は誰ですか?
Q6.暦の「八十八夜」の八十八日前は何の日ですか?
Q7.伊豆大島の油と言えば何ですか?
Q8.ギンナンがなる植物とは何という植物ですか?
Q9.ユズにもバラにも生えているものとは何でしょう?
Q10.令和の元号のもととなった「梅花の歌」の序文は何ですか?

| | コメント (0)

第11期・第1回 3限目 「イネの豊作判定」

今年は8月、9月と毎日のように雨が降り続き、実習ほ場は沼のようになって入ることができませんので、屋内実習に切り替えました。
きょうの屋内実習は、イネの豊作判定です。

1株のイネの出来具合から10aあたり収量を計算し豊作の度合いを判定します。
受講生も講師も1人1株のイネと向き合い、ひたすら黙々とモミ数を数えました。
実習中は真剣そのもので、室内は静まり返ってモミを数える音だけがしていました。
稲作農家でさえもこのような経験はしていないと思いますが、イネという植物を知るうえでは貴重な経験になると思います。

2022091027 2022091033

| | コメント (0)

【2022.09 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

入校申込書にメールアドレスをご登録された方へは、登録アドレスへ「ご案内」を送信しましたので、ご確認ください。
メールアドレスのご登録のない方へは「ご案内」を郵送しています。
なお、ご登録アドレスに送信してもアドレス不明で戻ってくる場合は、郵送といたしました。
メール、郵送ともにご確認をお願いいたします。


●松阪市後援・農業塾の第11期・開校式を行います

松阪市後援・農業塾の第11期・開校式を下記のとおり行いますので、受講生全員のご出席をお願いいたします。

ベルファーム内の施設が今までどおりの使用ができなくなったことや運営事務局が変更になったことにより、第11期の農業塾は随所で第10期と異なる運営方法となります。

受講生の皆さまには、大変ご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

第10期の入校式はベルファーム内の教室を使って行いましたが、第11期の入校式は東畑生家にて行いますので、車での移動、往復が必要となりますので、よろしくお願いいたします。

また、10月以降の講義につきましては、農場での青空教室(屋外)となります。
受講生の方からご寄付いただきました、大型テントを張りますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

新入校生はじめ、在籍中の受講生の皆さまへは、その都度、講師がご案内しますが、不明な点はご遠慮なくおたずねください。

●日時:令和4年9月10日(土)

①集合場所  松阪農業公園北駐車場(農場入口)

②集合時間  8:50~9:00(受付:受講料5000円の納入、名札の配布等)

北駐車場へ8時45分に小型バスを配車します。
大型バス駐車場ではありません。

※北駐車場の地図
http://itpoweron.cocolog-nifty.com/npo/npo30.html

●開校式の式場 東畑精一博士の生家(松阪市嬉野井之上町)

*北駐車場から車で移動します。
 在校生の方は、できるだけ各自のお車でのご移動にご協力ください。
 ご自分のお車で行っていただける方は、小型バスのあとをついてきてください。
 小型バスは受講生5名程度まで乗車できます。

  9:00~  9:20 東畑生家へ移動

  9:20~  9:40 開校式
  9:40~  9:55 オリエンテーション
10:00~10:40 農業塾講義

10:40~11:00 ベルファーム農場へ移動

11:00~12:00 実習・解散

※実習ができる服装でお越しください。
   鍬(クワ)、筆記用具、帽子、タオル、軍手、飲み物、ビニール袋、長靴、作業着等をお持ちください。

※当日は、雨天でも実習を行います。
 雨天が予想される場合は、雨具(カッパ、傘など)をご持参ください。
 ただし、
暴風警報、及び特別警報発令時は、休校とします。
 (三重県教育委員会の基準を準用します)
 大雨警報、洪水警報の場合は、開校し講義は実施します。
 実習は、警報発令中は行わない場合があります。
 また、降雨時の農場の状態により、講師の判断で実習を行わないことがあります。

※農場内道路へのお車の乗り入れは、作業用車のみとなっていますので、ご遠慮ください。
 受講生の皆さまのお車は駐車場までとなっております。

※新型コロナウイルス感染症対策は、各自の自己責任で行ってください。
 当日の朝の検温やマスクの着用など、基本的な対策を行ってください。
 現時点で、コロナウイルスの感染拡大に伴う休校措置はありません。

※当日、ご都合によりご欠席の場合は、移動の関係上、ご連絡をお願いいたします。
 連絡先:事務局携帯(080-3686-7535)

| | コメント (0)

«農業塾 第10期・修了証書授与式