【2020.07 農業塾ホームルーム】受講生のみなさんへ

●7月11日(土)は、開校します

日時:7月11日(土)9:00~出席をとります。

場所:松阪農業公園ベルファーム・工房教室

準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、スコップ、防寒着(カッパ)など

※各自で新型コロナウイルス感染症の予防対策を行ってください。
 (マスクの着用や消毒、検温など)
※各自で熱中症対策を行ってください。
 (水分補給や帽子着用、日傘の使用、自主休憩など)
※農場は天候によって直射日光が避けられなく、または強風となることがあります。
※道路工事を行うことがありますので、大型のスコップのある方はご持参ください。
 なければ鍬で十分です。
(道路工事は、他の実習の都合やほ場の状態によっては行わないことがあります。)

| | コメント (0)

NPO農業塾 第9期生を募集します

NPO法人三重スローライフ協会では、農業塾の第9期生を募集しますので、ご案内申し上げます。

在校生の方で、引き続き在校を希望される場合は、必ず再度お申し込みください。
(在校生は7月31日でいったん締め切ります)

なお、募集は若干名となりますので、定員が満席となった場合は、その時点で募集を締め切らせていただきます。
また、受講決定は8月以降となりますので、決定後、順次入校式などのご案内を送付いたします。

多数のご応募をお待ちしております。


詳細はこちら

| | コメント (0)

第8期・第10回 1限目講義 「アズキ」

先月は新型コロナウイルス感染症による三重県の県立学校の休校に準じて臨時休校となりましたが、今月は開校することができ、皆さんのお顔を拝見できたのは何よりのことでした。臨時休校の課題「サトイモ」もご提出いただきました。1限目は森川事務局長の講義で「アズキ」でした。
202006132 2020061337

| | コメント (0)

第8期・第10回 2限目 「実習講義」

2限目は藤田理事から実習に関する講義でした。きょうは雨天の予想でしたが一時的に雨が上がり、オオムギの麦刈りをしてのちに麦わらを使いストロー作りをすることを説明しました。
202006133 2020061338

| | コメント (0)

第8期・第10回 3限目 「麦刈り・ストロー作り」

雨が上がったので、急きょ農家市場裏の「やさい畑」の大麦を刈ってもらいました。
2020061310 2020061317

その後は教室に戻り、ストロー作りを行いました。
ライ麦、オオムギ、コムギの3種の麦わらを使いました。
ライ麦が最もストロー作りには適しているようでした。
2020061331 2020061327
蒸し器で加熱殺菌を行い、実際に使っていただきました。
麦わらの匂いもなくなり、違和感のないストローが出来上がりました。
2020061341 2020061339

| | コメント (0)

第8期・第10回 4限目講義 「第2回農業者雑学認定」

第2回目の「楽しく学ぶ農業者雑学認定」は4月に行う予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で4月は受講生の半数以下の出席しかありませんでしたので、延期をいたしました。
ストローの加熱殺菌の待ち時間に2回目となる「楽しく学ぶ農業者雑学認定」を行いました。
10問のクイズ形式で農業者の「偉人」を目指して回答をしていただきました。
正解数により、農業者の「偉人」「名人」「鉄人」「達人」などに認定されます。
今後も3ヶ月に1回のペース(春夏秋冬)で認定試験を実施しますので、偉人を目指してがんばってほしいと思います。

第2回の問題は、下記のとおりでした。

Q1       漢字で「土筆」と書く植物は何ですか?
Q2      サナギからチョウになることを何と言いますか?
Q3      中生、晩生より早く結実する品種群のことを何と言いますか?
Q4      「コシヒカリ」といえばイネ、「桃太郎」といえば何ですか?
Q5      春を告げる鳥とはどんな鳥ですか?
Q6      馬の大好物の野菜とは何でしょう?
Q7      「グリーンボール」とは何の作物のことですか?
Q8      サクラは何科の植物ですか?
Q9      タマネギを英語でいうと何ですか?
Q10     そのまま土壌にすき込んで養分にする作物を総称して何といいますか?

| | コメント (0)

【2020.06 農業塾ホームルーム】受講生のみなさんへ

新型コロナウイルス感染症により、三重県の県立学校の臨時休校に準じて5月の農業塾は休校といたしました。
これにより、休校時の課題「サトイモ」につきまして、お取り組みをいただきましたら、6月の開校日にご持参ください。

6月13日(土)の農業塾は、現時点では開校予定です。
ただし、今後の新型コロナウイルス感染症の感染拡大や政府または地方自治体の要請によっては、6月も休校とすることがあります。
随時、この農業塾ホームルーム上でお知らせいたします。
開校した場合は、教室で行うか、講義を含めた全日程を野外で行うかは検討中です。
受講生の皆さま方におかれましては、引き続き体調管理に十分お気を付けくださるようお願いします。
(5月16日更新)

――――――――――――――――――――――――――――

6月13日(土)は、開校予定です

日時:6月13日(土)9:00~出席をとります。

場所:松阪農業公園ベルファーム・工房教室、または第5号農場
   ※決まり次第、ホームルーム上でお知らせいたします。

準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、スコップ、防寒着(カッパ)など

※各自で新型コロナウイルス感染症の予防対策を行ってください。
 (マスクの着用や消毒、検温など)
※各自で熱中症対策を行ってください。
 (水分補給や帽子着用、日傘の使用、自主休憩など)
※農場は天候によって直射日光が避けられなく、または強風となることがあります。
※道路工事を行うことがありますので、大型のスコップのある方はご持参ください。
 なければ鍬で十分です。
(道路工事は、他の実習の都合やほ場の状態によっては行わないことがあります。)

| | コメント (0)

【2020.05農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

月1日時点の状況について、以下のとおりとします。
新型コロナウイルスに関する政府の緊急事態宣言は、現在、全国を対象に1カ月程度の延長が検討されています。

また4月28日、三重県教育委員会より531日まで県立学校は臨時休校を継続する方針が発表されました。

これに伴い、516日(土)の農業塾は休校とします。

なお、臨時休校の場合は、課題を課すこととなっております。

課題の履修で出席に代えることとしますので、各ご家庭で、次の課題にお取り組みいただき、次回の開校日にご提出ください。


課題:「サトイモ」について400字詰め原稿用紙2枚以上にまとめてください。

なお、613日(土)の農業塾は現時点では開校予定です。

今後の政府の方針、または三重県などの自治体の要請によって変更する場合があります。

随時、この農業塾ホームルーム上でお知らせいたします。

受講生の皆さま方におかれましては、引き続き体調管理に十分お気を付けくださるようお願いします。

(5月1日更新)
----------------------------
4月27日時点の状況について、以下のとおりとします。
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、4月16日~5月6日まで全国に緊急事態宣言が発令されました。

5月6日以降、緊急事態宣言がさらに延長継続する場合は、5月16日(土)の農業塾は休校とします。
緊急事態宣言が延長継続しなかった場合は開校することとしますが、三重県などの自治体の要請により、開校するか休校するかを検討することがあります。
なお、開校した場合は、全日程を農場(野外)で行います。
天候により、野外での実施が困難となることも想定されますが、改めて検討することとします。

受講生の皆さま方におかれましては、引き続き体調管理に十分ご注意をお願いします。
(4月27日更新)
----------------------------
新型コロナウイルス感染症に関しては、三重県、三重県教育委員会の対応に準じることとします。
現在、三重県内の県立学校においては4月15日~5月6日の期間、再度、臨時休校の措置がとられております。
5月6日以降も臨時休校などとなる場合、農業塾の開校について検討することとします。
受講生の皆さま方におかれましては、体調に十分ご注意をお願いします。
----------------------------
●5月16日(土)は、開校します


5月16日(土)は、平常授業となります。

日時:5月16日(土)9:00~出席をとります。
場所:
松阪農業公園ベルファーム・工房教室(予定) 
準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、スコップ、防寒着など


※農場は天候によって強風となることがありますので、念のため防寒着をご持参ください。
※道路工事を行うことがありますので、大型のスコップのある方はご持参ください。
 なければ鍬で十分です。
(道路工事は、他の実習の都合やほ場の状態によっては行わないことがあります。

| | コメント (0)

第8期・第8回 1限目講義 「コンニャク」

新型コロナウイルス感染症が首都圏などで拡大する中、三重県は県外への移動の自粛要請はありましたが、県内の移動は自粛要請となっていなかったため、開校しましたが受講生4名と少数でした。
1限目は森川事務局長の講義で「コンニャク」でした。
コンニャクは芋を斜めに寝かせて植えることや、花が咲くと枯れることなどを学びました。
202004114  

| | コメント (0)

第8期・第8回 2限目 「実習講義」

2限目は藤田理事から実習に関する講義でした。
サトイモの定植にあたってのサトイモの生育と施肥の関係について講義しました。
また、1年間かけて新ほ場への移転について説明をしました。
202004116 202004118

| | コメント (0)

第8期・第8回 3限目実習 「サトイモの定植、道路工事」

きょうの実習は、サトイモの種イモの掘り起こしから行いました。
近年は温暖化でほ場でサトイモが低温で腐敗することは少なくなってきています。
2020041115 2020041116

掘りとった種イモを新ほ場(5号田)へ定植を行いました。
2020041119 2020041123

人数が少数だった割には予定より早く終わったので、現在、整備中のほ場内の道路工事を行ってもらいました。
今後、新ほ場では、ほ場内をトラックが周回できる道路が必要と考えています。
重量野菜の運搬であったり、乾燥時の潅水のためのタンクローリーの移動など、重労働の軽減のため、作業用道路の整備を行っています。

| | コメント (0)

【2020.04農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●4月11日(土)は、開校します

4月11日(土)は、平常授業となります。

日時:4月11日(土)9:00~出席をとります。
場所:
松阪農業公園ベルファーム・工房教室(予定) 
準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、スコップ、防寒着など


※農場は天候によって強風となることがありますので、念のため防寒着をご持参ください。
※土木工事を行うことがありますので、大型のスコップのある方はご持参ください。
 なければ鍬で十分です。
(土木工事は、他の実習の都合やほ場の状態によっては行わないことがあります。

| | コメント (0)

第8期・第7回 1限目講義 「スイートコーン」

1限目は森川事務局長の講義で「スイートコーン」でした。
今年はスイートコーンを栽培したいと考えています。
202003141 2020031414

| | コメント (0)

第8期・第7回 2限目 「東畑精一博士のDVD鑑賞」

2限目は東畑精一博士のDVDの鑑賞を行いました。
NPO三重スローライフ協会では、以前から東畑精一博士の顕彰事業を行っていますが、このたび、東畑精一博士顕彰会「楷(かいじゅ)の会」として発足することとなり、農業塾受講生の皆さま方は全員が自動的に楷(かいじゅ)の会の会員ということでございます。東畑精一博士をご存じのない方もいらっしゃいますので、彼の生涯をまとめたDVDを見ていただきました。
202003144 2020031410

| | コメント (0)

第8期・第7回 3限目実習 「ダイズ選別」

きょうは残念ながら朝から雨で予定が狂ってしまいました。
教室での第2回目となる「ダイズ選別」を行いました。
豆腐作りを目標に取り組んでいただきました。
全員が協力してひとつのことに集中して取り組むことは、その真剣さがとてもいいと思います。
2020031417 2020031418

| | コメント (0)

【2020.03 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●3月14日(土)は、開校します

3月14日(土)は、平常授業となります。

日時:3月14日(土)9:00~出席をとります。
場所:
松阪農業公園ベルファーム・工房教室(予定) 
準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、スコップ、防寒着など


※農場は天候によって強風で非常に低温となることがありますので、必ず防寒着をご持参ください。

| | コメント (0)

第8期・視察研修 「ヤンマーミュージアム」

今回の研修旅行は、過去に何度か農業塾で研修を行っているヤンマーミユージアムが昨年10月にリニューアルオープンしたというので、行ってみました。
202002082 202002081
「見て・触れて・体験しながら学ぶことができる」といったキャッチフレーズでリニューアルオープンしていたのですが、我々が期待していたのとは全く異なるものでした。
リニューアル前は、農業の機械化の歴史や動力エンジンの仕組みなど、非常にためになる展示が多く、何度も研修に行ってみたいと思うような内容でした。

ところが今回、行ってみると何とゲームセンターと化していたのです。
カードを渡され、何かをしてポイントを稼ぐような形のものです。

農業の機械化にかかわる貴重な展示はそのほとんどが撤去されていました。
大型コンバインや無人ヘリコプターも撤去され、唯一、無人操縦のトラクターが置かれているのと2階の展示パネルくらいで、学べるものはほとんどなくなっていました。
202002085 202002087
2020020810 2020020811
2020020812 2020020813
創業者の山岡孫吉がいかに努力をしたか、農業の機械化がどれほど日本農業の発展に尽くしてきたのか、といったヤンマーが企業として社会にアピールできる内容がなくなってしまったのは残念でした
日本農業の機械化に多大な影響を与えた企業として、もっと誇りを持ってもらいたいと思います。
2020020823 2020020825
早々に退出して予定にはなかったのですが、近くの長浜歴史博物館と豊公園の方へと行きました。
自由行動としたので、思い思いに散策や見学をしてもらいました。
お城の方へ行かれた方、琵琶湖の方へ行かれた方などいろいろでした。

今回、農業塾として農業に関する研修が十分にできなかったことは、大変申し訳なく思っています。
講師側の大きな反省点です。
過去に何度か行っていたのを過信してリニューアルの状況を確認に行かなかったことにあります。
今後はこのようなことのないよう、研修先については十分な精査を行うようにいたします。

研修の感想文につきましては、ご提出不要としますが、その他ご要望、ご意見についてはお書きくださってご提出いただくのはありがたく頂戴いたします。

| | コメント (0)

【2020.02 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●2月8日(土)は視察研修を実施します

すでに授業でもご案内しているところですが、2月8日(土)は視察研修です。
2月は、通常の講義、実習はありません。

2019年10月5日にリニューアルオープンしたヤンマーミュージアムで農業の機械化、動力の仕組み、AIの最新技術について学びます。
当日、ご都合によりご欠席される場合は、バスが出発できませんので、必ずご連絡をお願いいたします。
(藤田:080-3686-7535)
8時30分には出発をいたしますので、それまでにお願いします。

研修旅行費用は、受講生3,500円、受講生以外4,000円です。
ご欠席の場合は、お預かりした旅行費用は全額お返しします。
昼食は現地での自由食となる予定です。

日時:令和2年2月8日(土)8:00~17:30(予定)
    交通事情により、帰着予定は変わる場合があります。
集合:松阪農業公園ベルファーム 大型バス駐車場 8:00集合
    (駐車場へは、中型バスを7:55ごろ配車します)
場所:ヤンマーミュージアム (滋賀県長浜市三和町三和町6-50)
内容:リニューアルしたヤンマーミュージアムにおいて「日本農業の機械化への歩み」について学習します。

※今冬は暖冬と長期予報されていますが、滋賀県は通常、冬季は積雪地帯ですので、降雪があった場合や道路事情が良くない場合は、ヤンマーミュージアムは中止としますが、同じ日(2月8日)に三重県内での研修に変更とします。
三重県内での研修となった場合の集合時間、場所等に変更はありません。
当日、バス車内でどちらに行くか(滋賀県か三重県か)をお知らせします。

※当日は温かい服装で、念のため、健康保険証はお持ちください。

| | コメント (0)

第8期・第5回 1限目講義 「野菜の種子」

1限目は森川事務局長の講義で「野菜の種子」でした。
最初が肝心というように、栽培の最初となる種子は、まけば発芽するというものばかりではありません。
その種子の発芽特性を知ることが重要です。
202001112 

| | コメント (0)

第8期・第5回 2限目講義 「農業者雑学認定」

今年から農業を楽しく学習してもらうための一環として新しく始めることとなりました。
第1回目となる「楽しく学ぶ農業者雑学認定」を行いました。
10問のクイズ形式で農業者の「偉人」を目指して回答をしていただきました。
正解数により、農業者の「偉人」「名人」「鉄人」「達人」などに認定されます。
3ヶ月に1回のペースで認定試験を実施しますので、偉人を目指してがんばってほしいと思います。
第1回の問題は、下記のとおりでした。

Q1.害虫「イネヨトウ」は何の作物を加害する害虫でしょう?
Q2.初冬に吹く強風のことを何と言うでしょう?
Q3.すし屋で出る甘酢漬けのショウガの呼び名は何でしょう?
Q4.作物の刈り取りで活躍する刃物といえば?
Q5.日本のパスポートの表紙にデザインされている花は何でしょう?
Q6.かんきつ類の実に多く含まれる酸っぱい成分は何でしょう?
Q7.働き者でよく歩き、集団で行進する虫とはどんな虫でしょう?
Q8.冬のコタツと相性の良い果実とは何でしょう?
Q9.野菜とフルーツの総称を何と言いますか?
Q10.同じ耕地に違う作物を一定の順序で栽培することを何と言いますか?

| | コメント (0)

«第8期・第5回 3限目講義 「実習説明」