【2022.10 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●10月8日(土)は、開校します

日時:10月8日(土)9:00~出席をとります。
場所:松阪農業公園ベルファーム・第5号実習ほ場
    ※第5号実習ほ場は、ログハウスが目印のほ場です。
    ※北駐車場または東駐車場から徒歩でお越しください。
    各施設のご案内

準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、スコップ(大型)、傘、カッパ、防寒着など

※実習ほ場内のパイプハウスにテントを設営しますので、ご協力お願いします。
※開校式をご欠席されました方は、受講料の納入をお願いします。
※農場は天候によって、暑かったり寒かったりしますので、調節できるような作業服をご持参ください。
※雨天でも、時期を外すと実施困難となる実習は、実習を行う場合があります。
※天候によっては傘やカッパのご準備をお願いします。

●11月12日(土)は「ミカン狩り」を実施します

日時:11月12日(土) 
    9:00(ベルファーム北駐車場集合)
  ~12:00(ベルファーム帰着)

場所:三重県立相可高等学校・果樹園

費用:(1)農業塾受講生
     500円(諸経費)+ミカン代(各自の収穫した分)

   (2)受講生以外
     1,000円(諸経費)+ミカン代(各自の収穫した分)

※参加・不参加のお知らせをお願いします。(配布用紙にご記入ください)

ダウンロード - 2022.11.12._e3839fe382abe383b3e78ba9e3828ae381aee38194e6a188e58685.pdf

| | コメント (0)

松阪市後援・農業塾 第11期生の開校式を行いました

NPO法人の解散に伴い、第11期から農業塾の運営団体は東畑精一顕彰会「楷(かいじゅ)の会」となりました。

東畑精一顕彰会「楷(かいじゅ)の会」は、もともとは東畑精一博士の顕彰団体としてNPO法人内に設立されていたのですが、第11期より農業塾の運営団体としての役割を担うことになりました。

法人格を持たない団体が農業塾を運営することになり、これまで通りの運営とはならないことが多いですが、受講生の皆さまのご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

農業塾につきましては、第11期から松阪市後援の農業塾として新たなスタートを切ることになりました。

NPO法人から役員2名が移籍し、新たに顧問兼特別講師をお迎えし、従来と同様の講師3名体制を確保いたしました。

第11期生の開校式は、ベルファーム内の施設は使えなくなったため、今期から東畑生家を借りて行うことになりました。

開校式では、森川塾長から開校のご挨拶がありました。
そのあと、受講生Kさんが受講生代表のご挨拶をしていただきました。
202209102202209105
講師紹介では、11期から新たに顧問兼特別講師になっていただく河中先生のご紹介をいたしました。
河中先生は、農業分野のみならず多方面に見識が高く、加えて農業塾の存続をご指導いただいています。
その河中先生から新任のご挨拶をいただきました。

あと引き続きになりますが、講師の藤田を加え、講師3名体制で第11期の農業塾を運営してまいりますのでよろしくお願いいたします。
2022091016 2022091017

| | コメント (0)

第11期・第1回 1限目講義 「コマツナ」

きょうの1限目は森川塾長の講義で「コマツナ」でした。
今月末から播種適期になりますので、学習内容を実践してみてください。
2022091019

| | コメント (0)

第11期・第1回 2限目講義 「第7回楽しく学ぶ農業者雑学認定」

きょうの2限目は、藤田講師による第7回目の「楽しく学ぶ農業者雑学認定」を行いました。
定期的に認定を行う予定でしたが、前回からしばらく間が空いてしまいましたが、「楽しく学ぶ」農業塾ですので、今後も続ける予定です。
農業を取り入れた頭の体操クイズに回答していただき、正解数に応じて農業者の”偉人”、”名人”などに認定、といった遊びの要素を取り入れつつ、農業の知識を深めてもらう授業になります。
徐々に農業者の「偉人・名人」に近づいてきているようです。 
今回も農業者の”偉人”を目指して頭をひねっていただきました。
2022091022
第7回目の問題は、下記のとおりでした。

Q1.暦のうえで「土用」の期間は、何日間ですか?
Q2.十月桜、冬桜、不断桜といえば、どんな桜のことですか?
Q3.カボチャは、雄花と雌花ではどちらが早く咲くでしょう?
Q4.和菓子に欠かせないマメ科の作物とは何でしょう?
Q5.サクラのソメイヨシノのご両親は誰ですか?
Q6.暦の「八十八夜」の八十八日前は何の日ですか?
Q7.伊豆大島の油と言えば何ですか?
Q8.ギンナンがなる植物とは何という植物ですか?
Q9.ユズにもバラにも生えているものとは何でしょう?
Q10.令和の元号のもととなった「梅花の歌」の序文は何ですか?

| | コメント (0)

第11期・第1回 3限目 「イネの豊作判定」

今年は8月、9月と毎日のように雨が降り続き、実習ほ場は沼のようになって入ることができませんので、屋内実習に切り替えました。
きょうの屋内実習は、イネの豊作判定です。

1株のイネの出来具合から10aあたり収量を計算し豊作の度合いを判定します。
受講生も講師も1人1株のイネと向き合い、ひたすら黙々とモミ数を数えました。
実習中は真剣そのもので、室内は静まり返ってモミを数える音だけがしていました。
稲作農家でさえもこのような経験はしていないと思いますが、イネという植物を知るうえでは貴重な経験になると思います。

2022091027 2022091033

| | コメント (0)

【2022.09 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

入校申込書にメールアドレスをご登録された方へは、登録アドレスへ「ご案内」を送信しましたので、ご確認ください。
メールアドレスのご登録のない方へは「ご案内」を郵送しています。
なお、ご登録アドレスに送信してもアドレス不明で戻ってくる場合は、郵送といたしました。
メール、郵送ともにご確認をお願いいたします。


●松阪市後援・農業塾の第11期・開校式を行います

松阪市後援・農業塾の第11期・開校式を下記のとおり行いますので、受講生全員のご出席をお願いいたします。

ベルファーム内の施設が今までどおりの使用ができなくなったことや運営事務局が変更になったことにより、第11期の農業塾は随所で第10期と異なる運営方法となります。

受講生の皆さまには、大変ご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

第10期の入校式はベルファーム内の教室を使って行いましたが、第11期の入校式は東畑生家にて行いますので、車での移動、往復が必要となりますので、よろしくお願いいたします。

また、10月以降の講義につきましては、農場での青空教室(屋外)となります。
受講生の方からご寄付いただきました、大型テントを張りますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

新入校生はじめ、在籍中の受講生の皆さまへは、その都度、講師がご案内しますが、不明な点はご遠慮なくおたずねください。

●日時:令和4年9月10日(土)

①集合場所  松阪農業公園北駐車場(農場入口)

②集合時間  8:50~9:00(受付:受講料5000円の納入、名札の配布等)

北駐車場へ8時45分に小型バスを配車します。
大型バス駐車場ではありません。

※北駐車場の地図
http://itpoweron.cocolog-nifty.com/npo/npo30.html

●開校式の式場 東畑精一博士の生家(松阪市嬉野井之上町)

*北駐車場から車で移動します。
 在校生の方は、できるだけ各自のお車でのご移動にご協力ください。
 ご自分のお車で行っていただける方は、小型バスのあとをついてきてください。
 小型バスは受講生5名程度まで乗車できます。

  9:00~  9:20 東畑生家へ移動

  9:20~  9:40 開校式
  9:40~  9:55 オリエンテーション
10:00~10:40 農業塾講義

10:40~11:00 ベルファーム農場へ移動

11:00~12:00 実習・解散

※実習ができる服装でお越しください。
   鍬(クワ)、筆記用具、帽子、タオル、軍手、飲み物、ビニール袋、長靴、作業着等をお持ちください。

※当日は、雨天でも実習を行います。
 雨天が予想される場合は、雨具(カッパ、傘など)をご持参ください。
 ただし、
暴風警報、及び特別警報発令時は、休校とします。
 (三重県教育委員会の基準を準用します)
 大雨警報、洪水警報の場合は、開校し講義は実施します。
 実習は、警報発令中は行わない場合があります。
 また、降雨時の農場の状態により、講師の判断で実習を行わないことがあります。

※農場内道路へのお車の乗り入れは、作業用車のみとなっていますので、ご遠慮ください。
 受講生の皆さまのお車は駐車場までとなっております。

※新型コロナウイルス感染症対策は、各自の自己責任で行ってください。
 当日の朝の検温やマスクの着用など、基本的な対策を行ってください。
 現時点で、コロナウイルスの感染拡大に伴う休校措置はありません。

※当日、ご都合によりご欠席の場合は、移動の関係上、ご連絡をお願いいたします。
 連絡先:事務局携帯(080-3686-7535)

| | コメント (0)

農業塾 第10期・修了証書授与式

きょうは第10期の修了証書授与式を東畑生家にてとり行いました。
今年度からベルファームの教室が使えなくなったため、中川電化産業株式会社のお取り計らいにより、実現したものです。
(東畑生家とは東畑精一博士の生家で、現在は中川電化産業株式会社様の所有となり、維持管理をされておられます)

中川電化産業株式会社の社用公用車をお借りし、ベルファーム大型バス駐車場から東畑生家へ向かいました。
東畑生家の一室で修了証書授与式がとり行われ、証書の授与を中川電化産業株式会社の河中社長様(楷(かいじゅ)の会副会長)からおひとりづつ手渡しで授与されました。
202208075 202208076
授与のあと、森川塾長から式辞をいただきました。
その後、受講生を代表してIさんがお礼のことばを述べられました。
2022080710 2022080714
授与式のあと、特別講義として中川電化産業株式会社の河中社長さまから東畑一族の話を中心に東畑生家を維持管理されている経緯などお話しいただきました。
2022080720 2022080726
講話の後、生家の貴重な数々のお部屋や調度品、日本庭園や天守閣級の建築などを見学して回りました。
2022080732 2022080739
最後に我々の団体名にもなっている「学問の木」である楷の木の前で記念写真を撮りました。
2022080752
今回、このように修了証書授与式が実施できたことをはじめ、社用車を貸し出していただいたり、河中社長さま、社員さま御一同がさまざまなことを快く全面的にバックアップしていただきました。

その多くのご支援により、継続が困難となった我々の農業塾の活動が引き続き成り立っていることに深く感謝申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

研修旅行:県立飯南高校、水屋神社

東畑生家をあとにして、昼食は県立飯南高校の有名なハナノキの下でお弁当をいただきました。
真夏の真昼に暑くないかと心配していましたが、きょうは曇り日で日差しも弱く木陰でおいしくいただきました。
2022080759
最初の研修先は水屋神社でした。この神社は神社裏のクスノキの巨木が有名ですが、スギ、カゴノキ、ケヤキ、ムク、サカキとどれをとっても巨木揃いで驚かされます。
2022080771 2022080775
国歌・君が代の「千代に八千代にさざれ石の…」の「さざれ石」という石も安置されていました。
「え、これが…???」という一見、ガレキに見える石が置かれていました

2022080779

| | コメント (0)

研修旅行:大谷嘉兵衛資料館、長楽寺

松阪の偉人のお一人に「茶王・大谷嘉兵衛」という偉人がおられます。
大谷嘉兵衛翁は、松阪市飯高町に生まれ、生涯を日本茶業の振興に尽力され、晩年は故郷のために橋をかけたり、小学校の建築など多大な貢献をされた方です。

この大谷嘉兵衛翁の顕彰会である「茶王・大谷嘉兵衛の会」が維持管理をされている大谷嘉兵衛資料館(松阪市立川俣小学校跡・休校中)に研修に行きました。「松阪の偉人たち展」でも初回より大変お世話になっている方々です。

大櫛会長さまはじめ、4名もの方々に歓迎いただき、校長室での講話がありました。
同会の小林典子先生から講話をいただき、その中でも話の途中に小林平八郎先生との寸劇があり、その迫力に我々は大変惹きつけられました。
大谷嘉兵衛翁の功績が脳裏に焼き付くような迫力満点の寸劇でした。
2022080793 20220807101
講話のあと、資料館の見学をさせていただきました。
数多くの展示物が整然と展示され、短時間では見切れないほどでした。
20220807102 20220807116
講話にあった嘉兵衛翁が架けたという4代目となる「大谷橋」を渡り、嘉兵衛翁の生家の跡地をみて長楽寺へと向かいました。
20220807126 20220807128

長楽寺では、嘉兵衛翁の胸像を見学し、嘉兵衛翁のお墓参りをいたしました。
20220807132 20220807139
大谷嘉兵衛の会の皆さま、大変お忙しい中をありがとうございました。

今回の研修旅行は、中川電化産業株式会社の東畑生家、社用車をお借りし、大谷嘉兵衛の会の皆さまのご協力のもと、実施することができ、深くお礼申し上げます。関係の皆さま、本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

子ども農業塾生を募集します

__20220716174901子ども農業塾塾生募集

松阪農業公園ベルファームで子ども農業塾を開催します。
対象年齢は、未就学児~小学生です。
農業や生き物、理科に興味がある子どもたちを募集します!

●期間: 令和4年9月~令和5年3月
     (毎月第1土曜日13時30分~14時30分)

●場所: 松阪農業公園ベルファーム内の学びの農場

●学習内容: 農業や生き物、理科のお話 (30分)
            農業の実習、観察 (30分)

●講師: ・森川茂幸(農業の先生)
       ・藤田育美(生き物の先生)

●受講料: 1,000円 (令和4年9月~令和5年3月)
       ・別途実費が必要な場合があります。

●募集人員:未就学児(おおむね5歳以上)~小学生
      10名(先着順)
  (未就学児、小学校低・中学年の児童は保護者同伴必須)
  ・松阪市子ども会連合会にご加入の有無をお知らせください。

●申込先:子ども農業塾事務局
     (東畑精一顕彰会「楷(かいじゅ)の会」)

       メール:itpoweron@gmail.com

(入塾申込書の必要事項をご記載のうえ、送信をお願いします。)

電話:090-4445-3311(森川)
      090-3686-7535(藤田)

●詳細・申込書ダウンロード

ダウンロード - junior20agricultural20school201.pdf

ダウンロード - junior20agricultural20school2010.pdf

| | コメント (0)

松阪市後援・農業塾第11期生を募集します

Photo_20220712215501
松阪市後援の農業塾第11期生を一般募集しますので、ご案内申し上げます。
一般募集は若干名となりますので、定員が満席となった場合は、その時点で募集を締め切らせていただきます。
また、受講決定は8月以降となりますので、決定後、入校式などのご案内を送付いたします。

募集要項、申込書は、下記のURLリンクよりダウンロードしてください。

多数のご応募をお待ちしております。

第11期生から運営事務局がNPO法人三重スローライフ協会から東畑精一顕彰会「楷(かいじゅ)の会」に変更となっております。
NPO法人三重スローライフ協会から役職員はそのまま移籍しておりますので、特に職員の変更などはありません。

東畑精一顕彰会とは、農業経済学の学問体系を確立した東畑精一博士の功績を顕彰しつつ、東畑精一博士の農業理念をもとに農業塾を開校し県民の農業理解を深めることを目的としています。

大変申し訳ございませんが、本農業塾は、農業者研修であり、指導者研修ではございません。
農業の指導者的立場にある方を受講対象としておりませんので、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。


●お問い合わせは、

 東畑精一顕彰会「楷(かいじゅ)の会」事務局まで、お電話でお願いします。

  TEL 080-3686-7535(副会長:藤田) 


※申込書は、運営事務局への郵送でも受け付けております。

↓申込書ダウンロード
ダウンロード - npo20agricultural20school2011.pdf

 

多数のご応募をお待ちしております。

| | コメント (0)

【2022.08 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●8月6日(土)は開校し、研修旅行、修了証書授与式を行います

新型コロナウイルス感染症が全国的に拡大している状況となっておりますが、政府から行動制限をしないという方針が出されております。
従いまして、現時点では研修旅行の中止はいたしませんが、今後、不測の事態により中止する場合は、ホームページ上に掲載するとともに参加の受講生の皆さまへは個々にご連絡いたします。

ご欠席される場合は、バスの発車ができませんので必ずご連絡をお願いします。

日時:8月6日(土)9:00
   松阪農業公園ベルファーム 大型バス駐車場
   ※中型バスを8:50に配車します。
   ※出席をとります。
   ※集金(1人3,500円予定)をします。

研修先:●東畑精一博士の生家(松阪市嬉野井之上町)
    ・修了証書授与式
    ・記念講演
    ・生家の見学等
    ●三重県立飯南高等学校
    ・ハナノキ見学
    ・昼食休憩(野外でお弁当を予定しています)
    ●水屋神社
    ・ご神木の見学
    ・巨木の見学
    ●大谷嘉兵衛資料館
    ・顕彰団体の講話
    ・資料館見学(古農具等含む)
    ●長楽寺
    ・大谷嘉兵衛顕彰碑
    ・大谷嘉兵衛の墓地

※東畑生家において修了証書授与式を行います。
 授与の対象となる方は、出席日数の半数以上、ご出席された方です。
 研修旅行に不参加の方は、各自で東畑生家に行っていただき、修了証書授与後、解散となります。

※受講生全員で一緒に昼食をとります。
 研修旅費に昼食代は入っていますので、昼食のご準備は不要です。

※研修効果を高めるため、400字つめ原稿用紙2枚に感想文のご提出をお願いします。
今回の研修内容だけでなく、1年間の感想でも要望でも内容は何でもかまいません。
今後の視察先や農業塾運営の参考とさせていただきますので、よろしくお願いします。

・新型コロナウイルス感染症対策、熱中症対策につきましては、各自でとっていただきますようお願いいたします。
・各自で朝の検温と
マスクのご準備をお願いいたします。

| | コメント (0)

第10期・第11回 「松阪の偉人たち展研修」

きょうは2月に実施予定だった研修旅行が新型コロナウイルス感染症拡大のため中止となったので、その振替で「松阪の偉人たち展」の研修としました。
松阪の偉人たち展は8回目となり、農業塾講師は第1回から東畑精一博士の顕彰実行委員として関わりを持ち続けています。
東畑精一顕彰会「楷(かいじゅ)の会」はもともと東畑精一博士の顕彰団体として発足した団体ですが、今後の農業塾の運営団体としての役割を担うことが決まっています。
受講生の皆さまもこの機会に農業経済学の基礎を確立した東畑精一博士のご理解をさらに深めていただきたいと思います。
また、松阪には多くの偉人の方がおられます。
今回は東畑精一博士を含めて8人の方が顕彰されておりますが、それぞれの偉人の方の偉業に触れていただけたらと思っています。
2022070917 2022070921

| | コメント (0)

【2022.07 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●7月9日(土)は、研修会を実施します

新型コロナウイルス感染症拡大により、今年2月の研修旅行が中止となったため、その代わりに7月は研修会を実施します。
直接、松阪市文化財センターの第2ギャラリーへ9時30分にお越しください。
当日は、ベルファームのほ場に行かないよう、お間違えのないようにお願いいたします。

日時:7
月9日(土)9:30~出席をとります。
場所:松阪市文化財センター(松阪市外五曲町1番地)
   ※松阪市図書館の隣にあるレンガ作りの建物です。
    松阪市図書館裏にある駐車場へ駐車してください。
    駐車場から鈴の森公園内を歩いてお越しください。
持ち物:マスク、筆記用具等(農作業用のものは必要ありません)

研修内容
・東畑精一博士の顕彰(農業経済学)
・大谷嘉兵衛、松浦武四郎など松阪市の8偉人について
・農業と文化の関わりなど
・DVDの視聴
・各偉人展示の見学等

↓(参考)松阪市観光協会ホームページ
第8回 松阪の偉人たち展 令和4年7月6日(水)~7月10日(日) - 松阪市観光協会 (matsusaka-kanko.com)

第11期の農業塾に在籍をご希望される場合は、受講申込みを必ずご提出をお願いします。

在籍をご希望されない場合は、口頭でお知らせをお願いします。

| | コメント (0)

第10期・第10回 1限目 「麦刈り」

きょうは雨天が予想される天気でしたので、麦刈りの実習から先に行いました。
刈り取る麦は、ライ麦と小麦で量が極少のため製粉ができませんので、いずれも敷きわら用として利用します。
幸いなことに雨に降られずに麦刈りを終えました。
2022061114 2022061121

| | コメント (0)

第10期・第10回 2限目 実習「ジャガイモの収穫、サツマイモの定植」

5号ほ場に移動し、引き続き雨が降り始めるまで実習でした。
ジャガイモの収穫を行い、人数分で等分してもらいました。
タマネギは収穫時期が今回の実習前となりましたので、講師が収穫を行い、吊り貯蔵をしていたものをお配りいたしました。
2022061128 2022061134
そのあと、サツマイモの定植(挿し苗)を行いました。

サツマイモの品種は金時と安納で、育苗床より30cmほどの苗(7節苗)を切り取り、横に寝かせて定植しました。
2022061139 2022061145

| | コメント (0)

第10期・第10回 3限目 「ブロッコリー」

きょうは授業順の入れ替えで講義が最後となりました。
実習が終わるころに雨があたり始め、運良く実習を終えてハウスでの授業といたしました。
ハウスでの授業中、大雨となり、また運の良いことに授業が終わるころ、雨が止んでしまいました。
授業後、ホームルームで来月は松阪市文化財センターで行うこと、来学期の受講申し込みなどお話ししました。
2022061148

| | コメント (0)

【2022.06 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●6月11日(土)は、開校します

6月11日(土)は、平常授業となります。

日時:6月11日(土)9:00~出席をとります。
場所:
松阪農業公園ベルファーム・直接農場へ
準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、スコップ、防寒着、ゾウキン、日傘、画板(あれば)など


青空教室となりますので、日傘や帽子など熱中症対策を各自でお願いします。
 ご不自由をおかけし、申し訳ございません。

ベルファーム内の施設を借りることは今後もできない見込みですので、雨天でも青空教室となります。
 受講生の方のご厚意で、農場での学習用にキャンプ用テントやテーブルをいただきました。
 お心遣いいただき、本当にありがとうございます。
 晴天時もテントを張り、熱中症対策としたいと思います。
 かなり大きいテントですので、複数人のご協力が必要となります。
 
 受講生の皆さまでテントを張るご協力、かたづけるご協力をよろしくお願いいたします。

イスは掃除していただきましたが、小屋に置いていますので、ゾウキンをお持ちください。

| | コメント (0)

第10期・第9回 1限目 「ニンジン」

きょうの1限目は先月同様、青空教室でした。
農道上にイスを並べて行いました。
きょうの講義は「ニンジン」で、7月下旬~8月上旬に播種適期となりますが、夏の高温時期になりますのでしっかりとかん水することが最初のポイントとなります。
2022051419

| | コメント (0)

第10期・第9回 2限目講義 「実習説明」

2限目は藤田理事から実習説明でした。きょうの実習は4種のマメ科の播種と夏野菜の定植でした。
4種のマメは、エダマメ、白ナタマメ、フジマメ、シカクマメでした。
フジマメは、初めて作るので楽しみです。
2022051420

| | コメント (0)

«第10期・第9回 3限目実習 「4種マメの播種、夏野菜の定植、除草」