« アブラナ科野菜(コマツナ)のトウ立ち | トップページ | 禹(う)の三角形(トライアングル) »

メンデルの遺伝の法則

メンデルはエンドウを用いて、”子は親に似る”という遺伝現象を明らかにし、この法則は、「メンデルの遺伝の法則」として有名である。その概要は、下記のとおりである。

異なる固定品種=親<P>をかけ合わせると、次代は雑種第1代=<F1>となる。

<F1>は、両親<P>の形質のうち、優性の形質が現れ、<F1>の遺伝子型は、すべて均一である。
<F1>が示す形質が両親<P
>より優れ、生育が旺盛となる現象を「雑種強勢」という。
このため、<F1>は農業上、大変利用価値が高いものとなる。

<F1>同士をかけ合わせると、次代は雑種第2代=<F2>となる。
<F2>は、遺伝の法則により、分離して形質は不揃いとなる。

Mendel1

Mendel2

|

« アブラナ科野菜(コマツナ)のトウ立ち | トップページ | 禹(う)の三角形(トライアングル) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アブラナ科野菜(コマツナ)のトウ立ち | トップページ | 禹(う)の三角形(トライアングル) »