« 第7回 2限目講義 ウリ科の野菜 | トップページ | 2013年02月 気象データ (三重県・津) ※気象庁データ »

第7回 1限目講義 農業が持続的であることの工夫

1限目は大原先生の講義です。
テーマは、「農業が持続的であることの工夫」です。
絶やすことのできない農業を先人達は、どのように持続させてきたのか?ということです。
西欧農業(畑)では、三圃式農業=輪作体系であったり、アジア農業(水田)では、稲作農業であったりすることが、農業が持続的であることの工夫であることを学びました。
201303024

詳細は、
 
「2013.03.02. oohara lec.pdf」をダウンロード 

|

« 第7回 2限目講義 ウリ科の野菜 | トップページ | 2013年02月 気象データ (三重県・津) ※気象庁データ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第7回 2限目講義 ウリ科の野菜 | トップページ | 2013年02月 気象データ (三重県・津) ※気象庁データ »