« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

スローなニュースレター(第18号)

 NPO法人・三重スローライフ協会では、このたび機関紙「スローなニュースレター」の第18号を発行いたしましたので、お知らせいたします。
「NPO農業塾」以外にも「就農者育成・技能講習」、「竹灯夜inこもれびの森コンサート」、「エコで人と人を繋ぐリユースの輪」、「スローな談話会」など三重スローライフ協会の主要な取り組みが記事になっています。
下記のリンクからダウンロードが可能です。

「slow_newsletter_018.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

「サツマイモの花畑」となりそうです

サツマイモ(品種:紫イモ)のほ場を観察したところ、なんと、 ほ場全体で花芽分化していることが判明いたしました。
三重県のような温暖地で、サツマイモが開花するということは、非常にまれであることは、先日の記事でも説明しましたとおりです。
http://itpoweron.cocolog-nifty.com/npo/2013/10/post-ebd9.html

このまま、高温の状態が続くと、見たこともない”サツマイモの花畑”となりそうです。
201310243

本来であれば、ツルの節には、葉芽しかつかないはずですが、
ほとんどの節で花芽となっています。
2013102417 2013102418

農業にたずさわり、長くサツマイモを見てきましたが、このようなことが三重県で起こることには、驚きです。
やはり、徐々に日本の気候帯が南から北へ移動してきているのかもしれません。

そんなことで、収穫予定でしたが、収穫を中止といたしました。

今後、本来の低温で、花芽の生長が止まるかもしれませんが、
種子ができるかもしれない可能性を見守りたいと思います。

| | コメント (0)

紫イモ(サツマイモ)のイモのつき方が変わっています

紫イモを収穫したところ、変わったイモのつき方をしているものがありましたので、2例ご紹介します。

左の画像は、イモからさらにイモができたというものです。
主根が肥大してイモとなり、さらにそのイモの側根(ヒゲ根)がイモとなっています。
2013101918 2013101924

右の画像は、イモ2体が合併したものです。
当初は分かれていたかどうかはわかりませんが、体内で合併しています。
紫イモなので、その様子がよくわかりますが、自然な状態で、
”接ぎ木”が起こったように見えます。
”接ぎ木”であるとすると、他の品種との接ぎ木が可能かもしれません。

いずれも、他の品種ではあまり見られないと思います。
紫イモはイモのつき方に柔軟性があるように感じられます。

| | コメント (0)

【2013.11 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

2013.10.09 「ジャガイモ・ウイルス病」についてUPしました

●ジャガイモ・ウイルス病
http://itpoweron.cocolog-nifty.com/npo/npo0001.html

●11月2日(土)は、開校します

場所:松阪農業公園ベルファーム
    イングリッシュガーデン温室教室

時間:9:00~出席をとります。
    9:10~1限目

   ※終了時刻は12:00を予定しています。

実習:軍手、鍬、ジョウロ、ビニール袋(大)、スコップ(大)、等を
   ご準備ください。
   なお、実習内容によっては、使用しない場合もあります。
   青字は、今月から追加の準備物です。

●12月7日(土)は、休校です

 12月7日(土)は、第1土曜日ですが、休校となります。
 12月は、正月用の松竹梅の盆栽作りのため、
 第3土曜日の12月21日(土)に開校します。
 お間違えのないようにしてください。

●12月21日(土)は、開校します

 12月21日(土)は、正月用の松竹梅の盆栽作りを行います。
 11月2日(土)にも、ご説明いたしますが、材料調達の都合上、
 参加、不参加をあらかじめ、お伺いいたします。
 材料費は、3,000円の予定です。


2012122232
※画像は、一例です。
 受講生のみなさんのオリジナルで作成していただきますので、
 ひとつひとつがみな違い、同じ作品はありません。

| | コメント (0)

ジャンボニンニクを定植しました

ジャンボニンニクは、普通のニンニクの3倍ほど大きく、普通のニンニクとは”種”が異なります。
ジャンボニンニクは普通のニンニクと比べて
栄養成分は変わらず、特有のニンニク臭が少ないという特徴があります。
全体も大きいですが、ひとつひとつの鱗片も大きいです。
全体の重さは250gで、ひとつの鱗片は、平均35g程度です。
201310062 201310065

| | コメント (0)

1年草のゴボウができました!

ゴボウは、キク科の2年草で、1年草のようにタネをまいたその年に開花することはありません。
春にタネをまくと、冬を越して翌年の初夏に花が咲く2年草の植物です。

ところが、今年の春にタネをまいた中に1株だけ、この秋に花が咲いた株があります。
まさに、「春まき1年草」といえるゴボウです。2013101410
201310145

ゴボウの花芽分化には、一定の低温が必要とされているので、この株だけ低温のない夏の時期に低温にいつ遭遇したのかわかりませんが、低温以外にも花芽分化を起こす要因があることが推察されます。

タネがとれそうならば採種して、来年の春にタネをまいて、1年草のように秋に花が咲くか、確認してみたいと思います。

| | コメント (0)

2013年10月 農場の全景です

農場の上(池の遊歩道)から撮影した農場の全景です。
2013101018

2013101019 2013101020

2013101022 2013101021

2013101024 2013101023

| | コメント (0)

ラッカセイの大量の根粒菌です

ラッカセイの収穫時に、1株だけ、おびただしい量の大量の根粒菌が観察されましたので、画像を拡大してご紹介します。
普通、根粒菌は、根にブツブツと観察される程度のことが多いのですが、この株だけ、
ビッシリの根粒菌がついていました。
2013101431
球状のものが根粒菌ですが、輪切りにしてみると、根粒菌の内部は、多くは赤色のものが詰まっています。
内部が赤色の場合は、「有効根粒」といって、盛んに窒素固定を行っています。
内部が白色、緑色の場合は、「無効根粒」で、窒素固定を行っていません。
内部の画像は、残念ながら、うまく撮れませんでした。
2013101440
2013101447
このように、おびただしい量の根粒菌が観察された株と、その他の株と収量を比較してみると、なぜか、あまり差がなかったように思います。

| | コメント (0)

サツマイモの花が咲きました!

三重県のような温暖地の気候帯で、サツマイモが開花することは、あまりありません。
サツマイモは、短日と高温の条件下で開花します。
普通、サツマイモが開花するのは、熱帯~亜熱帯地方です。
日本では、沖縄県がこの条件を満たし、開花することになります。
201310127
咲くはずのない三重県で、サツマイモの花が咲くということは、短日・高温の開花条件を満たしたことになり、ここ数日の気温が30℃を超える日があったためだと思われます。
温暖化が進んでいるのを改めて感じました。

| | コメント (0)

テントウムシの卵です

ダイコンの間引きの際に、ダイコンの子葉の裏についていたものです。
2013100589
ふ化してみないとわかりませんが、多分、ナナホシテントウなどのアブラムシを捕食する益虫タイプのテントウムシの卵ではないかと思います。
鮮やかなオレンジ色でブツブツしていて、
何か気持ち悪さがあるのですが、益虫だと思います。
ナス科植物についている同様のテントウムシの卵は、ニジュウヤホシテントウという、葉をレース状に食害する害虫タイプのテントウムシです。
テントウムシといっても、益虫と害虫の2タイプがあります。

| | コメント (0)

第2期・第2回 1限目講義 「ニンニク」

本来ならば、1限目は大原理事長の講義ですが、残念ながらやむを得ない事情により休講となりました。
受講生のみなさまには、大変申し訳ございませんが、ご理解いただきますよう、お願いいたします。
そのため、1限目は時間を繰り上げて、森川事務局長の講義となりました。
テーマは「ニンニク」で、きょうの実習でもニンニクの定植を行いましたので、より理解が深まったのではないかと思います。
ニンニクの基本的な生態として、球の肥大には、低温と長日が必要であることを学びました。
2013100513

| | コメント (0)

第2期・第2回 2限目講義 「実習説明:ダイコン・ニンニクほか」

2限目は、藤田理事の講義です。
2013100518
ホワイトボードを使って、説明を行いました。
2013100523 2013100524

ダイコンの間引きでは、厚まきにすると、徒長という現象が起き、健苗育成につながらないこと、などを説明しました。

| | コメント (0)

第2期・第2回 3、4限目実習 ダイコン間引き・ニンニク定植ほか

実習では、ダイコンの最終間引きと条間への追肥、ニンニクの定植、サツマイモのツルどけ、ハクサイの補植などを行いました。
2013100530 2013100536

下の画像は、ニンニクの「珠芽」と呼ばれる、ニンニクの茎にできるいわゆる「むかご」です。
収穫までは2年間、育成する必要があります。
2013100555 2013100571

来週の10月12日は、松阪農業公園ベルファームの収穫祭です。
そのときに、子ども達が行うサツマイモ掘りの準備で、ツルどけを行ってもらいました。
サツマイモのツルどけは、収穫よりも大変な作業で、ツルが重たいのとツルを切る作業が危険を伴うため、受講生のみなさんに協力していただきました。
おかげさまで、子ども達が安心してイモ掘りが楽しめると思います。
ありがとうございました。
2013100540 2013100568

| | コメント (0)

2013年09月 気象データ (三重県・津) ※気象庁データ

201309
201309_2
2013年 台風18号 (2013年9月16日、愛知県上陸、965hpa)
 三重県伊賀市の国道163号、国道165号、国道422号で崩落、陥没などの大きな被害があり、被害総額は合計で26億円。(三重県伊賀建設事務所・発表)

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »