« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

ゴボウの採種をしました

春まきゴボウの1株が花芽分化を起こして、秋に開花した株の採種を行いました。
花が枯れ、種子ができているように見えています。

2013年11月の記事「ゴボウにアザミに似たきれいな花が咲きました」
http://itpoweron.cocolog-nifty.com/npo/2013/11/post-aad2.html

2014012514 2014012517

採種したところ、残念ながら種子が充実しておらず、胚が形成されていないいわゆる「シイナ」となっていました。
開花し、受精はしたと思われますが、その後の低温により種子が充実しなかったと考えられます。
簡単に言うと、「シイナ」とは、外側の種皮のみで、中身がカラの種子のことです。
外見上は、充実種子と見分けがつきにくいです。

低温により種子が充実しないのは、水稲でも同様で、水稲では「冷害」といわれています。

| | コメント (0)

【2014.02 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●2月1日(土)は、県外視察研修を実施します

 滋賀県長浜市の「ヤンマーミュージアム」へ「農業の機械化の歩み」についての県外視察研修を実施します。
詳細は、先月のホームルームに掲載しています。

集合時刻:2月1日(土)午前8時ちょうど
      ※出欠確認がありますので、お早めにお越しください。
       ただし観光バスのベルファーム到着は7時45分です。

       あまり早すぎても、寒いと思います。


集合場所:松阪農業公園・ベルファーム 大型バス駐車場

参加経費:農業塾生3,500円、農業塾生以外4,000円
      ※未納入の方は、集合時に集金をします。

入場料:ヤンマーミュージアムへ入場の際、別途必要となります。
     当日の参加者人数により、入場料が異なります。
     20名以上の団体になりますと、500円です。
     20名未満ですと、600円です。
     ※現在20名の出席者となっております。

・念のため、健康保険証をお持ちください。      
・出欠の変更がある場合は、必ずお申し出くださいますよう、お願いいたします。
・出発当日に、体調不良などやむをえず、ご欠席される場合は、必ず集合時刻の8時までにお電話でご連絡をいただきますよう、お願いいたします。
・この場合の連絡先は、このホームページ上のメール連絡は受付できませんので、当日は、下記までお電話でご連絡をお願いします。

緊急連絡先:080-3686-7535(藤田)

・ご欠席の連絡がない場合は、バスが出発できませんので、ご協力をお願いいたします。

●2月15日(土)は、開校し、交流会を実施します

2月15日は開校し、交流会(昼食会)を実施します。
参加費用は、受講生はおひとり1,000円(昼食代)を予定しています。
当日は、平常授業ですが、交流会の時間をとるため、短縮授業となります。

交流会:2月15日(土)11時30分~


場所:松阪農業公園ベルファーム
    イングリッシュガーデン温室教室

参加費:受講生1,000円、受講生以外1,500円

内容:昼食をとりながら、全員で親睦を深めたいと思います。
   当日は、楽しいゲームを予定しています。

| | コメント (0)

麦踏みを行いました

12月の補習授業で播種したコムギの麦踏みを行いました。
農家の皆さんは、トラクターに麦踏みローラーをつけて行いますが、わずかな面積ですので、”人力”で行いました。
201401256
麦踏みは、「雑草は踏まれて強くなる」というように、雑草のようにたくましく育つように行います。

| | コメント (0)

第2期・第5回 1限目講義 「漬物の科学」

1限目の講義は、森川事務局長の講義で「漬物の科学」でした。
漬物がなぜ漬かるのかということや、漬物の塩と重石の取り扱いについての講義でした。
201401183

| | コメント (0)

第2期・第5回 2限目講義 「全国農業改良普及職員大会から」

昨年、入院されてしばらく休養しておりました大原理事長が復帰いたしました。
復帰後の最初の講義となりました、きょうのテーマは、「全国農業改良普及職員大会から」ということを題材に、行われました。
201401185

| | コメント (0)

第2期・第5回 3限目講義 「春の作付け準備」

3限目は、藤田理事から、きょうの実習内容である「春の作付け準備」の講義でした。
201401188
ホワイトボードを使っての講義でした。
2014011811

| | コメント (0)

第2期・第5回 4限目実習 「春の作付け準備」

きょうの実習は、ダイコン、ハクサイをすべて収穫するところから始まりました。
そのあと、班別ほ場の「春の作付け準備」ということで、堆肥と過リン酸石灰の散布と耕耘、うね立て、除草の作業を行っていただきました。
2014011822 2014011819

堆肥と過リン酸石灰の散布作業です。
20140118312014011836

| | コメント (0)

【2014.01 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●1月18日(土)は、開校します

平常授業での開校となります。

場所:松阪農業公園ベルファーム
    イングリッシュガーデン温室教室

時間: 9:00~9:10  出席をとります。
     9:10~9:50  1限目(講義) ※ 9:10から始まります

    
9:50~10:30  2限目(講義)
       10:40~11:00 3限目(講義)
    11:00~12:00 4限目(実習)

準備物:筆記用具、テキスト、実習の用意
     ・鍬、スコップ、ビニール袋など
     ・防寒着、軍手、帽子など
     ※農場は、冬期は強風により、非常に低温となることが
      ありますので、必ず防寒のご準備をお願いします。

●2月1日(土)は、県外視察研修を実施します

 滋賀県長浜市の「ヤンマーミュージアム」へ「農業の機械化の歩み」についての県外視察研修を実施します。

集合時刻:2月1日(土)午前8時ちょうど

集合場所:松阪農業公園・ベルファーム 大型バス駐車場

研修内容:滋賀県長浜市「ヤンマーミュージアム」
      ・農業の機械化の歩みについて
      ・あらゆる産業を支えるディーゼルエンジンについて
      ・創業者の精神について
 
行程表をPDFでアップします。
「2014.02.01.Yanmar.pdf」をダウンロード

参加経費:農業塾生3,500円、農業塾生以外4,000円
      ※当日または、1月18日に集金をします。

入場料:ヤンマーミュージアムへ入場の際、別途必要となります。
     当日の参加者人数により、入場料が異なります。
     20名以上の団体になりますと、500円です。
     20名未満ですと、600円です。

昼食:自由食となります。各自で昼食をお取りください。
    ・レストラン等は現地にございます。

保険加入:参加者様全員、保険加入(100円)を行います。
      万一に備えるためのものですので、ご了承ください。
      加入には、氏名、生年月日、年齢が必要です。
      塾生以外の参加者様につきましては、氏名、生年月日、
      年齢等お伺いいたします。
      塾生の方でも生年月日が不明の方がみえますので、
      個別にお伺いいたします。

・出欠の変更がある場合は、必ずお申し出くださいますよう、お願いいたします。
・出発当日に、体調不良などやむをえず、ご欠席される場合は、必ず集合時刻の8時までにお電話でご連絡をいただきますよう、お願いいたします。
・この場合の連絡先は、このホームページ上のメール連絡は受付できませんので、当日は、下記までお電話でご連絡をお願いします。

緊急連絡先:080-3686-7535(藤田)

・ご欠席の連絡がない場合は、バスが出発できませんので、ご協力をお願いいたします。

●2月15日(土)は、開校し、交流会を実施します

2月15日は開校し、交流会(昼食会)を実施します。
参加費用は、おひとり1,000円(昼食代)を予定しています。
1月18日に、参加予定をお伺いいたしますので、よろしくお願いいたします。
集金は、詳細が決まり次第、後日を予定しています。
詳細は、来月のホームルーム上に掲載します。

| | コメント (0)

2013年12月 気象データ (三重県・津) ※気象庁データ

201312
201312_2
2013年12月20日、三重県津市で初雪を観測しました
 (自主観測による)

| | コメント (0)

新年のごあいさつ

 受講生の皆様方
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

 昨年、NPO法人三重スローライフ協会は、2012年9月に始まりました農業塾も、第1期生に引き続き、第2期生を迎えることができました。
これも受講生の皆様方のご協力の賜物と
感謝申し上げます。

 第2期生をお迎えしました農業塾につきましては、より一層の着実な運営を心がけ、いかに継続をしていくかを常に考えながら運営をしてまいりました。

 農業は同じことの繰り返しがあり、繰り返しの中でその経験が蓄積し、工夫が生まれ、技術の向上があるのが農業であると思います。

 NPO法人三重スローライフ協会では、規模農業を追い求めるのではなく、小規模であっても本来の旬の味をもった農業を大切にしたいと考えております。

本年も引き続き、受講生の皆様のご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 NPO法人・三重スローライフ協会   理事長   大原興太郎
                        事務局長 森川茂幸
                                            理事    藤田育美 

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »