« ヤンマーミュージアム 「農業の機械化への歩み・野菜」 | トップページ | NPO農業塾 視察研修 「農業の機械化への歩み」 »

ヤンマーミュージアム 「農業の機械化への歩み・水稲」

ヤンマーミュージアム入口のエントランスには、原点となるドイツMAN社の大型ディーゼルエンジンの実物展示がありました。
2014020169
一番最初は、エンジンシアターで、迫力のある映像でエンジン内部の動きを見学しました。
2014020112
その後、「農業ゾーン」の展示室へ移動です。
乗用大型トラクターの登場です。
トラクターの登場は、人力や牛馬などの畜力に頼ってきた耕耘作業の重労働からの解放であり、極めて大きな意味を持つ農業の機械化への第一歩でした。 2014020114
2014020123

2014020120 2014020119

乗用大型田植え機の登場です。
手作業では、一人が1日10a(1反)の田植えがやっとできるかできないか、といったところですが、 この田植え機の登場により、1日に約800a(80反)の田植えが可能となり、約80倍のラクチンをもたらしているそうです。
2014020158 2013101314

乗用大型コンバインの登場です。
手作業では、一人が1日10a(1反)の収穫がやっとできるかできないか、といったところですが、このコンバインの登場により、1日に約500a(50反)の収穫が可能となり、約50倍のラクチンをもたらしているそうです。
2013101320 2014020129

無人ヘリコプターの登場です。
水稲の農薬散布は、重労働であり、農業者の農薬の被ばくは避けられない問題でした。
無人ヘリコプターの登場により、農業者の健康を守り、効率の良い一斉防除が可能となりました。
2013101313 2013101311

農業の機械化は、重労働からの解放、生産性の向上など飛躍的な進化の一方で、大部分の農家の労働力は他産業へと移り、農家を兼業化へ向かわせる要因となりました。
また、生産コストに占める農業機械は非常に高価で、農家の多くは”機械化貧乏”となりました。 

|

« ヤンマーミュージアム 「農業の機械化への歩み・野菜」 | トップページ | NPO農業塾 視察研修 「農業の機械化への歩み」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤンマーミュージアム 「農業の機械化への歩み・野菜」 | トップページ | NPO農業塾 視察研修 「農業の機械化への歩み」 »