« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

【2015.02 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●2月7日(土)は研修旅行です

 2月7日(土)は研修旅行で、三重大学研究農場、湖東三山(滋賀県)の庭園見学です。
参加申込みは、傷害保険加入の都合上、締切りました。
また、パック旅行ではありませんので、
当日、キャンセルとなっても参加経費をお返しすることはできませんので、ご欠席されることのないよう、よろしくお願いいたします。

日時:2月7日(土)8:30発~17:30着
集合時間:8時20分には、直接バスまでお越しください。
       出席をとります。
集合場所:松阪農業公園ベルファーム・大型バス駐車場
       ※配車時間が変更となりました。
       8時15分以降、中型観光バスが1台駐車しています。
       (8時15分以前には、バスは到着していません)
研修日程:下記PDFファイルのとおりです。
「2015.02.07三重大学研究農場コース表.pdf」をダウンロード

持ち物:筆記用具、防寒着、健康保険証等
(念のため、健康保険証は忘れずにお持ちください)

※お昼は土山SAでの各自自由食となります。
 
※やむを得ず、欠席をされる場合は、必ずご連絡ください。
 バスが出発できませんのでよろしくお願いいたします。
 連絡先:0598-63-0460(森川事務局長)
      080-3686-7535(藤田)

※松阪農業公園ベルファームへの帰着時刻は17時30分です。
 当日の交通事情により、到着が遅れる場合があります。

| | コメント (0)

第3期・第5回 1、2限目講義 「庭づくりの基本」

きょうの農業塾は、大原理事長は欠席でしたので、1~2限ともに森川事務局長の講義となりました。
1限目の「庭づくりの基本」の講義では、庭の見方に奥行きが生まれたのではないかと思います。
2限目は来月の視察研修先についての説明でした。
午前中、三重大学研究農場で三重大学の奥田教授から講義がある予定です。
その後、研究農場の見学を予定しています。
午後は、きょうの講義の内容をさらに深めるためのもので滋賀県の湖東三山(西明寺・金剛輪寺・百済寺)の庭園を見学して回ります。
ただ単に庭園をながめて回るのではなく、どのように造園設計がなされているかを研修します。
いずれの庭園も名勝、史跡などとして、大変有名なものです。

2015011715

| | コメント (0)

第3期・第5回 3限目講義 「実習説明」

3限目は、藤田理事から実習についての講義を行いました。
ニンニクの除草作業では、この時期のニンニクの生育状況と観察の要点や、うね立て作業、たい肥散布などについて、説明をしました。
目の前にホワイトボードがありながら、ホワイトボードマーカーがなく、板書なしとなり、口頭説明のみで大変申し訳ございませんでした。
2015011718

| | コメント (0)

第3期・第5回 4限目実習 「ニンニク除草・うね立て他」

4限目は実習で、まずは班別実習のニンニクの除草でした。
2015011721 2015011724

そのあと、1本約30m近い長さのうね立て6本を全員で行いました。
たい肥を散布し、耕起して、うねの中心に基準線を張ってまっすぐにうねを立てる実習です。
2015011734 2015011735

実習をしながら特に思うのは、”人力”の偉大さです。
人の力というものは、機械には勝てない、勝てるはずがない、と思いがちですが、人の力ほどすごいものはないと、その偉大さを実感しています。

1人、1人の力は微力かもしれませんが、それが2人、3人…何十人となったときに単なる人数の足し算ではなく、掛け算的に2倍、4倍、8倍、16倍というふうに人の力は累積されるように思います。

きょうのうね立ての作業は、1人でやればどれほど時間がかかるだろう…というものでした。
しかし受講生のみなさん(きょうは23名)があっという間に終わらせてしまったのです。
”みんなが力を合わせること”の大切さを改めて感じました。
2015011737 2015011742

| | コメント (0)

2014年 月別・旬別 気象データ (三重県・津) ※気象庁データ

2014tuki
2014syun

| | コメント (0)

2014年12月 気象データ (三重県・津) ※気象庁データ

201412
201412_2

| | コメント (0)

新年のごあいさつ

受講生の皆様方
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

 今年は、農業塾の第3期目を迎えており、このように継続できましたのも受講生の皆様方のおかげでございます。深く感謝申し上げます。

 早いもので第1期生は今年の夏には3年間の学びを終えて卒業となります。
卒業となる皆様方には、卒業生として今後とも農業塾へのご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 卒業生という新たな存在は、農業塾によりよい深みをもたせることにつながると考えており、卒業だから最後ではなく、これをまた新たな取り組みにしていかなければなりません。
卒業生の会は、卒業される皆様が中心となって作る会です。
卒業生の皆様方のご協力をよろしくお願いいたします。

本年も引き続き、受講生の皆様のご理解、ご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 NPO法人・三重スローライフ協会   理事長   大原興太郎
                        事務局長 森川茂幸
                                            理事    藤田育美 

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »