« 【2015.02 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ | トップページ | 2015年01月 気象データ (三重県・津) ※気象庁データ »

【図鑑】 雑草図鑑

 雑草は、古代から農業との競合の中で延々と生き残り続け、古くから生活に密着して、今なお我々は雑草と生活を共にしています。
 松阪農業公園ベルファーム内の「学びの農場」において発生する「雑草」について、ご紹介していきます。

----------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------


2015040443タデ科ギシギシ属
Rumex acetosa
スイバ

葉や茎に酸味がある。
食用にできる。
雌雄異株。


----------------------------------------------------------201503211

シソ科オドリコソウ属
Lamium amplexicaule
ホトケノザ


葉が段々につき、茎の断面は四角形である。
春の七草ではなく、食用ではない。
葉は、ちょうど仏様の足元の台座に似る。


----------------------------------------------------------
201502288_2
ゴマノハグサ科クワガタソウ属
Veronica persica
オオイヌノフグリ

越年草で、ヨーロッパ原産の帰化植物。
日本全国に分布する。
日の当たっている日中のみ、花が開き、夜間は花は閉じている。

----------------------------------------------------------
2015020812_2
アブラナ科タネツケバナ属
Cardamine flexuosa
タネツケバナ

越年草で、日本全土に分布する。
春の七草と間違えやすいが、果実が長円柱形であり、見分けがつく。
タネツケバナの名の由来は、種もみを浸ける時期に咲くとのことであるが、実際、三重県では1月でも咲いている。

----------------------------------------------------------
2015020113
アブラナ科ナズナ属
Capsella bursa-pastoris
ナズナ





ユーラシア原産の越年草で、日本全土に分布する。
春の七草のひとつで、ペンペン草ともいう。
類似の他種との見分けは、果実がハート形をしていることである。
ナズナは、葉の変異が大きく、荒地でも生育する。

----------------------------------------------------------
201501174
ナデシコ科ミミナグサ属
Cerastium glomeratum Thuill.
オランダミミナグサ





1年草で、日本の本州以南に分布する。
ヨーロッパ原産の帰化植物である。
日本在来種に「ミミナグサ」がある。
種子結実後、夏に枯死する。

----------------------------------------------------------
2015012518
イネ科イチゴツナギ属
Poa annua L.
スズメノカタビラ





1年草、または越年草で、日本全土に分布する。
人の踏みつけ度合が多い場所に良く生えているのが観察される。
ベルファームの学びの農場においても通路に良く生えており、踏みつけが種子の発芽を促進しているようである。

----------------------------------------------------
   Copyright(C) 2015 Ikumi Fujita All Rights Reserved.

|

« 【2015.02 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ | トップページ | 2015年01月 気象データ (三重県・津) ※気象庁データ »