« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

【2015.07 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●7月4日(土)は開校します

7月4日は、平常授業となります。

日時:7月4
日(土)9:00~出席をとります。
場所:松阪農業公園ベルファーム内
準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、スコップなど

※雨天の場合は、雨具等も忘れずにお持ちください。
※講義教室は、ベルファーム運営の都合上、調整中となっております。

※8月の研修旅行の申込みを受け付けます。
 なお、研修旅行代金は前払いでお願いします。
 バスの配車の都合上、当日の参加は受付できませんので、よろしくお願いいたします。
※2期生と3期生の受講継続の申込みもあわせて受付けますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

二十四節気の「夏至」です

二十四節気とは、季節を知るための暦のことです。
それは、1年間の太陽の動きをもとにした暦だからです。
太陽の位置は、気候を決め、自然や農業の目安となるものです。
----------------------------------------------------

きょう、6月22日は二十四節気の「夏至」にあたります。
理科年表によると、「昼の長さが最も長くなる」とあります。



三重県津の気象庁データ(過去30年間)によると、
6月22日の平均は、
・平均気温 23.1℃(最高平均 26.5℃、最低平均 20.2℃)、
・日照時間 4.2時間
となっています。


| | コメント (0)

第3期・第10回 1限目講義 「農系社会再生の意味と方向」

1限目は大原理事長の講義で、「農系社会再生の意味と方向」という、やや堅いテーマで行われました。
受講生全員の意向をたずねたところ、農業を楽しいと全員から回答があり、では田舎の人つき合いはどうか?という質問では、良いと思うが半分、面倒と思うのが半分と結果が分かれました。
農業に従事するには、農業自体とは別の障壁もあるようです。
201506062 201506065

| | コメント (0)

第3期・第10回 2限目講義 「サツマイモ」

2限目は森川事務局長の講義で「サツマイモ」でした。
日本は食料自給率が40%程度ですが、農林水産省では、食料の輸入がストップした時に国民が国内生産のみで食料供給するシュミレーションを公表しています。
その中に「サツマイモ」が登場しています。
このことからすると、サツマイモは現代でも「おたすけいも」ということだと思います。
201506068 201506069

| | コメント (0)

第3期・第10回 3限目講義 「実習説明」

3限目は藤田理事から実習内容についての講義でした。
きょうは実習の作業量が多くなるため、早めに講義を終了しました。
2015060611

| | コメント (0)

第3期・第10回 4限目実習 「ライ麦収穫・脱穀、ジャガイモ・ニンニク収穫」

きょうの4限目の実習は、ライ麦の収穫・脱穀からでした。
鎌で刈ってトラックへ積み込みました。  2015060617
2015060613

ベルファーム農場内の農業倉庫へ移動して足踏み式脱穀機で脱穀を行いました。
受講生の最年長者であるAさん(80)が、昔の経験を活かして、他の若年の受講生に見本を示してくださいました。
2015060661 2015060637

いつも良く気が付く受講生のKさんは、実習講義でも説明をしなかったのに、かたわらで、自主的に麦わらの結束を手際よくしてくださっていました。
なかなかすぐにはできないことだと思いますし、仕事の達人であると思います。
2015060650 2015060668

最後は、班別実習のジャガイモとニンニクの収穫を行いました。
2015060671 2015060684

| | コメント (0)

二十四節気の「芒種」です

二十四節気とは、季節を知るための暦のことです。
それは、1年間の太陽の動きをもとにした暦だからです。
太陽の位置は、気候を決め、自然や農業の目安となるものです。
----------------------------------------------------

きょう、6月6日は二十四節気の「芒種」にあたります。
理科年表によると、「稲や麦などの(芒のある)穀物を植える」とあります。



三重県津の気象庁データ(過去30年間)によると、
6月6日の平均は、
・平均気温 21.3℃(最高平均 25.1℃、最低平均 17.9℃)、
・日照時間 6.1時間
となっています。


| | コメント (0)

2015年05月 気象データ (三重県・津) ※気象庁データ

201505
201505_2

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »