« 二十四節気の「小寒」です | トップページ | 第4期・第5回 3限目実習 「タマネギの除草、排水改善の土木工事」 »

二十四節気の「大寒」です

二十四節気とは、季節を知るための暦のことです。
それは、1年間の太陽の動きをもとにした暦だからです。
太陽の位置は、気候を決め、自然や農業の目安となるものです。
----------------------------------------------------
きょう、1月21日は二十四節気の「大寒」にあたります。
理科年表によると、「冷気が極まって最も寒さがつのる」とあります。
寒さもいよいよ底に達したという時期になります。

三重県津の気象庁データ(過去30年間)によると、
1月21日の平均は、
・平均気温 5.1℃(最高平均 9.0℃、最低平均 1.8℃)、
・日照時間 5.0時間
となっています。

最高平均気温では、まさに1年間で最低の9.0℃となっています。
トータルでの平均気温では、「立春」が最低となります。


201501174
ナデシコ科ミミナグサ属
Cerastium glomeratum Thuill.
オランダミミナグサ
花芽をつけている
(2015.01.17)

|

« 二十四節気の「小寒」です | トップページ | 第4期・第5回 3限目実習 「タマネギの除草、排水改善の土木工事」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二十四節気の「小寒」です | トップページ | 第4期・第5回 3限目実習 「タマネギの除草、排水改善の土木工事」 »