« 第4期・第7回 1限目講義 「イモ類」 | トップページ | 【2016.04 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ »

二十四節気の「春分」です

二十四節気とは、季節を知るための暦のことです。
それは、1年間の太陽の動きをもとにした暦だからです。
太陽の位置は、気候を決め、自然や農業の目安となるものです。
----------------------------------------------------

きょう、3月20日は二十四節気の「春分」にあたります。
理科年表によると、「太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなる」とあります。

三重県津の気象庁データ(過去30年間)によると、
3月20日の平均は、
・平均気温 9.2℃(最高平均 13.5℃、最低平均 5.4℃)、
・日照時間 5.7時間
となっています。

201503211シソ科オドリコソウ属
Lamium amplexicaule
ホトケノザ

葉が段々につき、茎の断面は四角形である。
春の七草ではなく、食用ではない。
葉は、ちょうど仏様の足元の台座に似る。


作成者:藤田育美(NPO法人三重スローライフ協会)協会)

|

« 第4期・第7回 1限目講義 「イモ類」 | トップページ | 【2016.04 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第4期・第7回 1限目講義 「イモ類」 | トップページ | 【2016.04 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ »