« 2016年06月 気象データ (三重県・津) ※気象庁データ | トップページ | 第4期・第11回 2限目講義 「実習説明」 »

第4期・第11回 3限目実習 「麦刈り、敷きワラしき」

きょうは変則的に10時から実習を行いました。
小麦の「あやひかり」とライ麦の収穫作業で、刈り取り、脱穀を機械ではなく手作業でやっていただきました。
すべてを機械でやってしまうと、効率的ではあるのですが、学習としては重要な作業工程が自動化されて見れなくなってしまいます。
今までほ場に植わっていた麦がコンバインが通過しただけで麦粒だけとなってしまうといったことで、しかし、麦粒だけになるには何工程もあることを知る必要があります。
2016070212201607029

20160702382016070250_2

20160702542016070260

20160702672016070272

20160702742016070277


作成者: 藤田育美(NPO法人三重スローライフ協会)

|

« 2016年06月 気象データ (三重県・津) ※気象庁データ | トップページ | 第4期・第11回 2限目講義 「実習説明」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2016年06月 気象データ (三重県・津) ※気象庁データ | トップページ | 第4期・第11回 2限目講義 「実習説明」 »