« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

生産物の払い下げを行います

NPO法人三重スローライフ協会では、さまざまな農業教育資金の一部とするため、生産物(規格外品)の払い下げを行います。
規格外品とは無選別のことを指し、規格品のなかに、大小サイズがさまざまであったり、食用に問題がない傷ものが一部混じるなど、市場規格での選別を行わないものを指します。
下記のとおり、卸売市場価格の半額程度で払い下げを行います。

生産物:サツマイモ(品種:鳴門金時、安納、シルクスイート、紅はるか)
払い下げ価格:規格外(無選別)1kg 50円
基本的には、松阪農業公園ベルファームまで引き取りをお願いしています。

ご希望の方は、このホームページの中段・右側にある「お問い合わせメール」からお申し込みください。
連絡事項は、お名前、連絡先、kg数量となります。
お申し込みがあり次第、当方からご連絡を差し上げます。

| | コメント (0)

【2016.12 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●12月4日(土)は、休校です

12月は、変則的なカリキュラムで、4日(土)は休校です。

●12月24日(土)は、開校します


12月24日(土)に、正月用の松竹梅の盆栽実習を行います。
盆栽実習は、卒業生、在校生合同で行います。


日時:12月24日(土)9:00~出席をとります。
場所:松阪農業公園ベルファーム・工房教室(予定)
    1限目は、大原理事長の特別講義となります。
    2限目は、松竹梅の盆栽作りになります。
    3限目は、実習となります。

準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、鍬、スコップ、ビニール袋(多めに)、段ボール箱新聞紙など
※作業服は汚れても良い服装でお越しください。
なお、農場は晴天でも強風となることがあり、防寒具は必ずお持ちください。

●卒業生の皆様へ
卒業生の方で松竹梅の盆栽実習をお申込みされた方も、在校生と一緒に実習を行います。
つきましては、卒業生の皆様は、10:00に農場ハウスへ直接お越しください。
農場ハウスにて集金を行います。おつりのないようにお願いします。
なお、在校時に使用した盆(皿状の鉢のこと)をお持ちいただいた方は、若干の値引きをいたします。
卒業生の皆様も在校生に準じて準備物等は上記のとおりです。

| | コメント (0)

第5期・第3回 1限目講義 「青空教室」

きょうの1限目は森川事務局長の講義で、農場の青空のもと、行われました。
受講生の皆さんは農場のあぜに腰を下ろしてもらっての講義でした。
201611051

| | コメント (0)

第5期・第3回 2限目実習 「花の寄せ植え作り」

2限目は1限目の講義を実践に移す「花の寄せ植え作り」でした。
配色や苗の高さなどそれぞれ思い思いに工夫をしながら作品を作り上げていきました。
作品はそれぞれのご家庭に持ち帰り、かん水や施肥の管理を行います。

20161105162016110512

20161105202016110521

| | コメント (0)

第5期・第3回 3限目講義 「実習説明」

引き続く3限目も青空教室で、藤田理事から実習説明を行いました。
サツマイモのツルどけと、それに伴い、サトイモの前へツルの移動でした。

2016110528

| | コメント (0)

第5期・第3回 4限目実習 「サツマイモのツルどけ」

4限目はサツマイモのツルを株元で鎌で切ってめくるような要領で、行いました。
簡単なようで、サツマイモの収穫の中でもやり続けると重労働なことに気が付きます。
切ったツルは、サトイモの防寒のためサトイモの株の前に置いていきました。
20161105442016110553

20161105612016110538

最後はサツマイモの収穫作業で、掘ったイモを持ち帰っていただきました。
今年は大型の夜蛾類の発生が多く、サツマイモのツルをめくると、ナカジロシタバの幼虫が大量に発生していました。
終齢幼虫では、体長6~7cmほどあり、まもなく土中で蛹となることから、捕殺を行いました。
大量に発生していても、サツマイモでは収量への影響は少ないです。
なお、今年の農場ではエビガラスズメ、ハスモンヨトウなどの発生も多くみられました。
20161105702016110568

| | コメント (0)

2016年10月 気象データ (三重県・津) ※気象庁データ

201610
201610_2

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »