« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

【2018.04 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●4月14日(土)は開校します

4月14日は、平常授業となります。

日時:4月14日(土)9:00~出席をとります。
場所:松阪農業公園ベルファーム・工房教室(予定)
準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、
スコップ、カマなど

※雨天の場合は、雨具等も忘れずにお持ちください。

danger●5月の開校日を変更します

5月は第3土曜日に開校します。
5月19日(土)9:00~出席をとります。

場所:松阪農業公園ベルファーム・工房教室(予定)
準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、
スコップ、カマなど
作成者: 藤田育美(NPO法人三重スローライフ協会)

| | コメント (0)

第6期・第7回 1限目講義 「土づくり」

1限目は、森川事務局長の講義で、テーマは「土づくり」でした。冬の間の畑は、秋冬野菜の収穫が終われば土づくりに入ります。人間の健康づくりと同じことを畑の土でも必要ということではないかと思います。
201803103201803107

| | コメント (0)

第6期・第7回 2限目講義 「シイタケの菌打ち、ジャガイモの定植」

2限目は、藤田理事のほうから実習に関する講義でした。シイタケの生産は「林業」に分類され、厳密には農業ではありません。農業に比べて林業はチェーンソーなどの機械による作業事故が多く、菌打ちも電動ドリルを使うので事故の多い作業のひとつです。農業塾で菌打ち作業を実習しているところは他にないのではないかと思います。
201803104

| | コメント (0)

第6期・第7回 3限目実習 「シイタケの菌打ち、ジャガイモの定植」」

3限目は、農業倉庫前で菌打ちの作業です。
原木に径8.5ミリの穴を植菌ドリルで木に対して直角に、安全バーが原木に当たる深さまであけます。そのあとタネゴマを手作業でカナヅチでトントンして原木表面と水平になるよう打ち込みます。
単純に見えるこの作業は、一般家庭で行うのは難しく、ホームセンターではすでに植菌された原木が高値で販売されています。

20180310182018031017

次に植菌した原木を仮伏せという作業で、原木を山の木陰にもっていき、「井桁積み」という原木の置き方で仮伏せをしました。
昨年の原木を並べ替えたり、一部収穫もありました。

20180310222018031024

最後に農場へ行き、ジャガイモの定植でした。
定植は、うねを低くすること、1条に植えること、疎植にしないことがポイントです。

20180310502018031055

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »