« 2018年9月 | トップページ

2018年10月

第7期 補習実習 「サツマイモの収穫」

きょうは自由参加の補習実習でしたが、6名の受講生のご参加がありました。
農家市場への出荷を目的とした収穫の諸注意のあと、農家市場裏のほ場でサツマイモの収穫作業を行いました。
品種は、シルクスイートです。

20181027112018102718

ツル切りが始まり、10分もたつとあっという間にツルどけの完了です。
20181027232018102727

イモ掘りでは、意外とイモが大きく、傷をつけないように慎重に収穫を行いました。
20181027312018102732

農家市場裏のほ場だけで、コンテナ5ケース、約100kgの収穫量でした。
この収量は、10aあたり収量に換算すると約2,000kg以上となる収量でした。
このあと、農場へ移動して、シルクスイート、べにはるか、安納など、品種ごとに収穫し、お土産としてお持ち帰りいただきました。
ご参加された皆さま、お疲れさまでした。

| | コメント (0)

【2018.11 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●11月10日(土)は開校します

11月10日は、平常授業となりますが、花の寄せ植え実習行います。
材料費として集金額1,000円程度となる予定です。

日時:11月10日(土)9:00~出席をとります。
場所:松阪農業公園ベルファーム・工房教室(予定)
    ※工房教室:実験台のある教室です。
準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、スコップ、防寒着など
     寄せ植え鉢のお持ち帰り用の段ボール箱、新聞紙

※農場は天候によって、暑かったり寒かったりしますので、調節できるような作業服、防寒着をご持参ください。気温が高くても強風となることが多いのでご注意ください。

※12月の松竹梅の正月用盆栽つくりのご案内をいたします。
  来年2月の研修旅行のご案内をいたします。

| | コメント (0)

第7期・第2回 1限目講義 「イチゴ」

1限目は森川事務局長による講義でテーマは「イチゴ」でした。
イチゴは、専業施設園芸の主力で、三重県内でも約70haの栽培規模があります。
今回は露地栽培を中心に講義がありました。
201810063

| | コメント (0)

第7期・第2回 2限目講義 「実習講義」

2限目は藤田理事による実習講義でテーマは「ニンニク」でした。
ニンニクは、寒地と暖地で栽培する品種が異なり、三重県の暖地で寒地系品種を栽培すると低温要求量の不足で花茎ができず、りん片の形成もできずに、タマネギのようにひとつ球になるものがあることを講義しました。
毎年、農場で栽培したものに5%程度ひとつ球になるものがあります。
201810064201810069

| | コメント (0)

第7期・第2回 3限目実習 「ニンニクの定植」

きょうの実習は、雨が降ったり止んだりとなりました。
教室でニンニクのタネ球の調整から行いました。
品種は寒地系の福地ホワイト6片、嘉定種、ジャンボニンニクの3品種でした。

2018100682018100613

タネ球の調整後、農場へ移動し、品種ごとに定植を行いました。
残念ながら農場では雨降りとなり、定植は無事に終えましたが、作業風景は撮影することができませんでした。

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ