« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

【2019.02 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●2月9日(土)は視察研修を実施します

すでに1月の授業でもご案内しているところですが、2月9日(土)は視察研修です。
2月は、通常の講義、実習はありません。
研修旅行費用は、受講生3,500円、受講生以外4,000円です。


安全運行のため、悪天候や積雪が予想される場合は、翌週の2月16日(土)に順延する予定です。
なお、16日(土)も運行に支障があるような場合は、誠に残念ながら研修旅行を中止といたします。(研修代金は全額返金いたします。)

延期のお知らせにつきましては、前日に講師が直接、受講生の皆様へお電話にて延期の連絡を取らさせていただきます。
届出の連絡先と異なる場合は、事前にお知らせください。

連絡がない場合は、「実施」とご判断いただきますよう、お願いいたします。

・当日、やむをえない事情等によりご欠席の場合は、バスが出発できませんので、必ず講師あて直接お電話でのご連絡をお願いいたします。
(藤田:080-3686-7535)

日時:平成30年2月9日(土)8:30~17:30
集合:松阪農業公園ベルファーム 大型バス駐車場 8:20集合
    (駐車場へは、中型バス
を8:10ごろ配車します)
場所:三重県伊賀地域の巨木・名木めぐり
    ・カエデ、センダン、ケヤキ、シブナシガヤ、テーダマツ、カヤ、コウヨウザン、カゴノキなどの巨木・名木
    木の館・豊寿庵 (三重県伊賀市)

内容:「巨木・名木の長寿の歴史」の学習をします。

昼食は、団体予約をしますので、お弁当などのご用意は不要です。

※2月16日に順延となった場合も同様の内容で実施します。
※念のため、健康保険証を持参いただきますようお願いします。

| | コメント (0)

第7期・第5回 1限目講義 「ブナ科の植物」

1限目は森川事務局長による講義で「ブナ科の植物」でした。今はほとんどの山で植林が行われ、人工林となっていますが、山は自然に放っておくとブナ科の森になるという講義でした。
201901121201901123

| | コメント (0)

第7期・第5回 2限目講義 「実習説明」

きょうの2限目は藤田理事から実習に関する講義でした。
実習は落ち葉集めでしたが、それに関連して自然界の有機物の分解のしやすさについて講義しました。
201901124201901127

| | コメント (0)

第7期・第5回 3限目実習 「落ち葉集め、ダイコンの収穫」

農場で使用する落ち葉をベルファーム内の林地で行いました。
おそらく何十年と落ち葉を集めた形跡のない林地で、すでに腐葉土と化していました。
堆積には粗大な枝などを取り除く必要があるため、コンテナを利用して取り除く作業を行いました。作業中、カブトムシの幼虫が何匹も出てきて、ここがカブトムシの繁殖地であることもわかりました。カブトムシは今年の夏に孵化するよう、もう一度、ていねいに埋め戻しをしました。

20190112142019011217

20190112212019011224

このあと、農場のダイコン、サトイモの収穫で終了しました。

| | コメント (0)

新年のごあいさつ

受講生ならびに関係の皆様方
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。  

おかげさまで、当農業塾は昨年9月から第7期目を迎えています。
今年半ばで平成も終わりとなり、新しい時代がやってきます。
昭和の時代から平成にかけて、日本農業は大規模農業をひらすら目指してきましたが、農業は大規模農業だけではなく、多様性のある「小農」へとその方向転換が必要と議論され始めています。
まさに、当農業塾は「小農」の育成機関として、これからもその役割を果たしていきたいと考えています。
また、少子高齢化により外国人人材の労働力が議論されていますが、日本の高齢者の力は多大なものがあり、外国人人材が本当に必要なのかと考えています。
生涯現役の高齢者・農業者の育成に取り組み、健康で楽しんで農業ができるようその中核となる農業塾を長く継続し続けていきたいと考えております。


本年も引き続き、農業塾へのご理解、ご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。  

NPO法人・三重スローライフ協会
   理事長   大原興太郎
   事務局長 森川茂幸
   理事    藤田育美
 

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »