« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

【2020.10 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●台風14号接近に伴う休校等の判断について

10月9日(金)18時現在、台風14号は足摺岬沖の太平洋上にあり、明日10日にかけて東海地方に接近する見込みです。

これにともない、明日の農業塾につきましては、
午前7時以降、松阪市に暴風警報が発令された場合、休校とします。

暴風警報が発令されなかった場合は、開校しますが、居住地各地の状況に応じて自主的なご判断をお願いいたします。

●10月10日(土)に開校します


10月10日は、平常授業となります。
今月は、ベルファームの行事の都合により、開校当日に教室が変更となる可能性があります。その場合、講師が誘導いたします。

日時:10月10日(土)9:00~出席をとります。
場所:松阪農業公園ベルファーム・工房教室(予定)
    ※工房教室:実験台のある教室です。
準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、スコップ(大型)、傘、カッパ、防寒着など

※農場は天候によって、暑かったり寒かったりしますので、調節できるような作業服をご持参ください。

※雨天でも、時期を外すと実施困難となる実習は、実習を行う場合があります。
※天候によっては傘やカッパのご準備をお願いします。
実習ほ場の移転にともない、土木工事を行うことがあります。
 お持ちいただける方は大型スコップをお持ちください。

| | コメント (0)

NPO農業塾・第9期生の入校式を行いました

本日、NPO農業塾の第9期生の入校式をとり行い、三重県内各地からお集まりいただいた12名の受講生の皆さまで第9期のスタートを切りました。
第9期は第8期生が10名全員の継続と
新入校生の2名で、12名となりました。
少人数学級の維持を継続し、少人数学級では受講生同士が知らない者同士でも、全体の親睦感や連帯感が生まれ、農業で必要な協力姿勢が自然と生まれてきます。自分も仲間のために何かできることを協力しよう、という気持ちは農業、農村に欠かせない精神のあり方です。
受講生の皆さまにとって、楽しい場となる農業塾とするために今期も少数精鋭で農業塾を運営していきたいと考えています。
お二人の新入校生の方にも「ここは楽しい」と思っていただけるよう、全体の和やお一人お一人の活躍の場作りを大切にしていきたいと思っています。
本日は、12名全員のご出席がありました。

大原塾長の開校のご挨拶が大変長くなり、講義のようになってしまいました。
大原塾長は三重大学の名誉教授で第一線を退かれて以降、機会をとらえて長いご挨拶講義をされることが多くなりました。
今回もそのような形となり、皆様にお伝えしたいことがたくさんおありのようでした。
大原塾長の講義は、いつも何かしらの気付きやヒントを与えてもらえる考えさせられる講義(ご挨拶)です。

202009121 202009124
受講生を代表して、Iさんから受講生代表のごあいさつを頂戴いたしました。
講師一同も皆さまのご期待にお応えできるよう、努力をしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

第9期・第1回 1限目講義 「キャベツ」

きょうの1限目は森川事務局長の講義で「キャベツ」でした。
キャベツは指定野菜に位置付けられており、キャベツの生産地は指定産地として国や県が生産振興をしている重要野菜となっています。
202009125

| | コメント (0)

第9期・第1回 2限目講義 「実習説明」

2限目は藤田理事からきょうの実習に関する講義でした。
きょうは天気が非常に悩ましい天気となり、若干の雨の合間をみて農場での実習を行うことにしました。
ダイコンの播種だけは実習しておきたかったので、青首ダイコン、白首ダイコンの違いなどを講義しました。
202009126 202009128

| | コメント (0)

第9期・第1回 3限目実習 「青首・白首ダイコンの播種ほか」

実習では、あらかじめ準備していたうねに、青首ダイコン、白首ダイコンの2班に分かれて点まきをしてもらいました。
2020091214 2020091220

まだまだ天気が持ちそうだったので、次はハボタンの定植でした。
ところがやり始めてしばらくたつと小雨が降りはじめ、傘をさしながらの定植となりました。
2020091227 2020091230
最後は草の中に埋もれたジャガイモの掘り出しでした。

お土産として全員で分けてお持ち帰りしていただきました。
2020091233 2020091237

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »