« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

【2022.02 農業塾ホームルーム】受講生のみなさんへ

●三重県下に「まん延防止等重点措置」が適用されたことについて

1月21日~2月13日までの間、三重県下にまん延防止等重点措置が適用となりましたが、三重県教育委員会の方針では、県下の小中高校において休校の措置は実施されておりませんので、その方針に基づき、2月12日の農業塾は平常授業といたします。
基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。


●2月12日(土)は、視察研修を中止いたします。

新型コロナウイルス感染症のオミクロン株が三重県内でも感染が確認され、急拡大が懸念される事態となって
います。
休校などの判断は、三重県、三重県教育委員会の対応に準じることとしていますが、視察研修先が三重県北部であることや受講生の皆さまの安全を第一に考えますと、研修旅行の実施は適切ではないと判断いたしました。

残念ながら2月の研修旅行は中止とし、現時点では農業塾は開校し、平常授業を行うこととします。
農業塾の開校については、三重県、三重県教育委員会の対応に準ずる検討を行いますので、現時点での開校は
流動的であることにご留意ください。休校とする場合は、ホームルーム上に掲載いたします。

受講生の皆さま方におかれましては、体調に十分ご注意をお願いするとともに、基本的な感染防止対策の徹底(マスク、検温等)をお願いします。


●2月12日(土)は、開校し、平常授業を行います。
 平常授業ですので、講義(座学)のあと実習を行います。

日時:2月12日(土)9:00~出席をとります。
場所:松阪農業公園ベルファーム・工房教室 
準備物:飲み物、帽子、長靴、軍手、ビニール袋、鍬、スコップ、防寒着など

※農場は天候によって強風、低温となることがありますので、必ず防寒着をご持参ください。

| | コメント (0)

第10期・第5回 1限目講義 「ナス」

1限目の講義は森川事務局長から「ナス」の講義でした。1月の講義で季節外れに感じる方もいるかもしれませんが、生産農家では2月になると夏野菜の播種に入ります。
202201082 202201083

| | コメント (0)

第10期・第5回 2限目講義 「実習説明」

2限目は藤田理事から実習説明でした。厳寒期に行う排水工事について、単なる溝堀り水は正直に流れるので、流れを作り出して排水させることでした。
202201084 202201086

| | コメント (0)

第10期・第5回 3限目実習 「水路作成・排水工事、収穫」

実習は掘りすぎでは水が溜まり、掘り足りないと水がはけないので、微妙な手仕事が必要です。
水路の高低を見るのはその上を歩くのが一番で、足の感覚で高低を見ます。
2022010810 2022010815
最後に収穫で、ダイコン、白ネギ、ニンジンの収穫を行い、お持ち帰りとなりました。
2022010824 2022010826

| | コメント (0)

新年のごあいさつ

受講生ならびに関係の皆様方
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。  

おかげさまで、当農業塾は昨年9月から第10期目を迎えています。
第10期という10年目の節目を迎え、これも皆様方にご支援いただけたからこその偉業であることを感謝したいと思います。
十年ひと昔というように、ひと昔前からというのはこの農業塾が「歴史を持った」と言っても良いのではないかと思います。
10年の歴史を持つ農業塾として11年目に向けて、地域社会のニーズに応えられる農業塾の運営に努力し続けたいと考えています。

昨年も新型コロナウイルス感染症に明け暮れた一年でした。
移動を避け、三蜜を避け、在宅での生活が農業に目を向けるきっかけになった方もみえるかと思います。
少人数学級の維持を継続している農業塾も第10期は定員オーバーとなりましたが、それだけ農業に関心が高まっているということでもあります。

これからも誰もが無理なく活躍できる農業、
健康で楽しんで農業ができる、その中核となる農業塾をこれからも長く継続し続けていきたいと考えております。

本年も引き続き、農業塾へのご理解、ご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。  

NPO法人三重スローライフ協会 農業塾
   理事長   大原興太郎
   事務局長 森川茂幸
   理事    藤田育美
 

| | コメント (0)

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »