講義

第10期・第1回 1限目講義 「タマネギ」

きょうの1限目は森川事務局長の講義で「タマネギ」でした。
タマネギは日長により肥大を開始するため、肥大適温になった時の日長との組み合わせによって品種を決定するようにします。また肥大が始まる日長となる時に追肥を行うようにします。中晩生種であれば日長11.5時間以上で肥大が始まることから、3月上旬には肥大できる日長となりますので3月上旬が追肥適期であるとともに止め肥とします。
202110098

| | コメント (0)

第10期・第1回 2限目講義 「実習説明」

2限目は藤田理事からきょうの実習に関する講義でした。
きょうの実習はアズキの調整作業でした。
アズキは栄養生長と生殖生長が同時進行するため、開花が長期にわたり、さやによって成熟度合いが異なるため、何度か収穫していることや磨けばツヤがでて「赤いダイヤ」となることなどを講義しました。
2021100910 2021100919

| | コメント (0)

第9期・第12回 1限目「特別講義」

第9期の最終日となるきょうの1限目は、大原塾長による特別講義でした。
大原塾長の講義は普段の栽培学の講義とは異なり、ちょっと考えなければならない講義です。
今回は、自然農法、有機農業、環境保全型農業の3つの農法についてでした。
皆さんがご家庭で実践されている農法はどれでしょうか。
202108073 202108075

| | コメント (0)

第9期・第11回 1限目講義 「レタス」

きょうの1限目は森川事務局長の講義で「レタス」でした。
レタスは日本では高原野菜が有名なように涼しい気候が適しています。
三重県の暖地では秋冬野菜として栽培します。
202107102

| | コメント (0)

第9期・第11回 13限目講義 「実習説明」

3限目は藤田理事からきょうの実習に関する講義でした。
全国各地でサツマイモの病害で問題となっている「サツマイモ基腐病」についてお話しました。
人類の新型コロナウイルスのような、新たなサツマイモの糸状菌感染症の出現です。
気候変動の影響なのか、近年さまざまな新しい病害虫が出現してくることは驚くばかりです。
202107103 202107104

| | コメント (0)

第9期・第10回 1限目講義 「バラ」

年度途中ですが、新たに1名の方が入校されました。
受講生の皆さま、よろしくお願いいたします。

きょうの1限目は森川事務局長の講義で「バラ」でした。
剪定は外芽の直上(外芽を残して上の位置)で、剪定すると頂芽優勢により整った樹形となることを学びました。

202106121 202106122

| | コメント (0)

第9期・第10回 2限目講義 「実習説明」

2限目は藤田理事からきょうの実習に関する講義でした。
ライ麦の刈り取りとジャガイモの収穫出荷作業の実習です。
ライ麦は、今回は麦稈からストローを作成するための麦刈りです。
かつてはライ麦パンにするために麦刈りをしていましたが、麦にはさまざまな用途があるとともに、捨てるところもない作物だと思います。
最後は麦の敷わらとして利用します。
202106123 202106124

| | コメント (0)

第9期・第9回 1限目講義 「モロヘイヤ」

きょうの1限目は森川事務局長の講義で「モロヘイヤ」でした。
夏の健康野菜で、栽培はあまり難しくありませんので受講生の皆さま方も取り組まれると良いと思います。
202105081 202105085

| | コメント (0)

第9期・第9回 2限目講義 「実習説明」

2限目は藤田理事からきょうの実習に関する講義でした。
園芸分野では必須の支柱ですが、市販品の支柱は買ってもそんなに高くないので買うことが多いと思います。
しかし、原料にはプラスティックが使われていたり、最後の処分には困る可能性があります。
そこで、支柱を自然の材料で作ってもらいたいと考え、園内の山林にあるメダケで自然に再び帰る支柱を作る話をしました。
作った支柱で夏野菜の苗を植えて固定するのがきょうの実習です。
202105083 202105086


| | コメント (0)

第9期・第8回 1限目講義 「オクラ」

きょうの1限目は森川事務局長の講義で「オクラ」でした。
一家に3本もあれば、毎日がオクラになるという話でした。
202103132

| | コメント (0)

より以前の記事一覧