実習

第7期・第7回 3限目実習 「シイタケの菌打ち、ジャガイモの定植」

まずはシイタケの菌打ち作業から行いました。
原木にドリルで穴をあけて植菌します。種駒が少なかったので標準植菌数より少なく植菌ということにしましたが、種駒はかなり余ってしまいました。

20190309222019030911

20190309322019030943

下の写真は昨年、菌打ちしたもので、植菌の仕方がまずかったのか、雑菌に侵された原木です。原因としては、上下の端から5cmへの植菌になっていなかったり、切り口への植菌忘れなどです。
20190309492019030945

次にジャガイモの定植作業でした。
まず除草作業から取りかかり、うっすらうねの跡があったのでそれをたよりに溝をつくり、作条施肥をして種イモを切り分け、定植しました。

2019030955
2019030960

ジャガイモの分割は、頂芽とへそを通して切り分けました。
20190309612019030964

| | コメント (0)

第7期・第5回 3限目実習 「落ち葉集め、ダイコンの収穫」

農場で使用する落ち葉をベルファーム内の林地で行いました。
おそらく何十年と落ち葉を集めた形跡のない林地で、すでに腐葉土と化していました。
堆積には粗大な枝などを取り除く必要があるため、コンテナを利用して取り除く作業を行いました。作業中、カブトムシの幼虫が何匹も出てきて、ここがカブトムシの繁殖地であることもわかりました。カブトムシは今年の夏に孵化するよう、もう一度、ていねいに埋め戻しをしました。

20190112142019011217

20190112212019011224

このあと、農場のダイコン、サトイモの収穫で終了しました。

| | コメント (0)

第7期・第4回 2限目講義 「松竹梅実習、農産物収穫」

年末恒例となった正月用の松竹梅作りの実習でした。
同じ材料を使っていても十人十色のそれぞれに趣のある仕上がりとなりました。

20181222112018122224

20181222322018122233

20181222342018122236

20181222372018122238

20181222402018122244

松竹梅作りが終わってからは、農場でお正月用の野菜の収穫です。
ダイコン、ニンジン、白ネギ、松阪赤菜、サトイモの収穫を行いました。

受講生の皆さま、今年一年、大変お疲れさまでした。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆さま、どうか良いお年をお迎えください。

| | コメント (0)

第7期・第3回 3限目実習 「麦の播種、ダイコンの収穫」

まずは麦まきからですが、きょうの実習課題は、うねを蚊取り線香状の「うず」にすることでした。その中心部分に背の高い「ライ麦」をまき、その外周に背の低い「小麦」をまき、最終的に麦のお山をつくるというイメージでした。
蚊取り線香状のうねを立てることが、やってみると予想以上に困難であることがわかりました。実践すると、講義どおりではうまくいかないことがわかり、受講生全員の総合力で何とか立てることができたという感じでした。

20181110322018111041

20181110562018111060

うね立てに相当の時間がかかり、最後はお土産のダイコンを収穫して終わりとしました。
20181110652018111067

| | コメント (0)

第7期・第2回 3限目実習 「ニンニクの定植」

きょうの実習は、雨が降ったり止んだりとなりました。
教室でニンニクのタネ球の調整から行いました。
品種は寒地系の福地ホワイト6片、嘉定種、ジャンボニンニクの3品種でした。

2018100682018100613

タネ球の調整後、農場へ移動し、品種ごとに定植を行いました。
残念ながら農場では雨降りとなり、定植は無事に終えましたが、作業風景は撮影することができませんでした。

| | コメント (0)

第7期・第1回 3限目実習 「うね立て、ダイコン播種、白ネギ定植」

3限目の実習は、まずダイコンのうね立てから行いました。
長いうねをまっすぐ立てる技術はかなり難しく、繰り返しが上達のコツではないかと思います。今回は田植用のロープを張って目安としました。

20180908152018090820

ダイコンは2条の点まきとしました。
20180908312018090839

次に白ネギの定植を行いました。
苗場に植わっている苗を引いて定植しなおしました。

20180908452018090842

20180908532018090855

| | コメント (0)

第6期・第11回 3限目実習 「サツマイモ除草、アズキ播種」

3限目の実習は、まず農家市場横の実習ほ場のサツマイモの除草から行いました。
今年の夏は猛暑でサツマイモのツルも伸び悩んでいるというのに雑草は伸びてなかなか根性がありました。

2018072113
除草のあとは農場へ移動し、アズキの播種を行いました。
ちょうど今が播種の適期となっています。
最後にピーマン、ナスの収穫を行いました。

20180721172018072127

| | コメント (0)

第6期・第10回 3限目実習 「サツマイモ」

3限目の実習は手作業での麦刈り、脱穀の実習でした。
農業の機械化が進み、コンバインではいくつもの作業を一発で終わらせてしまい、機械作業はブラックボックス化しています。
収穫にはさまざまな工程があるのに、機械作業では「車の運転」で終わってしまいます。
手刈りをし、足ふみ脱穀機で脱穀し、風を利用してゴミを飛ばす一連の工程を体験していただきました。
こうした手作業は、農業の本質を詳しく知ることにつながります。

20180609122018060925

20180609392018060944

20180609542018060955

最後にジャガイモの収穫を全員で行い、収穫物を人数で分けるということを行いました。
収穫物を人数で分けるということは、農業の文化として「おすそ分け文化」というのがあり、日本の農業文化のひとつとして重要です。
20180609602018060966

| | コメント (0)

第6期・第9回 3限目実習 「農家市場裏の開墾作業、ヒマワリの播種」

きょうの実習は、はじめに農家市場裏のほ場の2回目となる開墾作業でした。
作業をするごとに徐々に畑らしくなって、来月にはようやくサツマイモ畑になりそうです。

20180519182018051920

次に農場でのヒマワリの播種です。
ショウガの日陰をつくるように40mのうねに2条で高性ヒマワリを播種しました。
うまく日陰になると良いと思います。

20180519242018051927

| | コメント (0)

第6期・第8回 1限目講義 「実習講義」

2限目は、藤田理事から実習に関する講義でした。
現在まで第1期生から第6期生まで6年間続けてきた中で、きょうは初めての内容で2種目の実習を行いました。ひとつは、荒れ地の開墾作業、もうひとつはタケノコの収穫作業でした。

荒れ地の開墾作業は、ベルファーム農家市場内にパン屋「やさい畑」が3月15日にオープンし、その横にある空き地を開墾する作業です。荒れ地の状態ではパン屋からの眺めが良くないと、パン屋のオープン前に講師2名がある程度除草作業を進めていたものです。今後はパン屋の名前どおりに野菜畑にして農業塾生が管理運営をする予定です。

タケノコの収穫作業は、当協会が管理運営する竹林で行いました。
2018041482018041412

| | コメント (0)

より以前の記事一覧