実習

第10期・第5回 3限目実習 「水路作成・排水工事、収穫」

実習は掘りすぎでは水が溜まり、掘り足りないと水がはけないので、微妙な手仕事が必要です。
水路の高低を見るのはその上を歩くのが一番で、足の感覚で高低を見ます。
2022010810 2022010815
最後に収穫で、ダイコン、白ネギ、ニンジンの収穫を行い、お持ち帰りとなりました。
2022010824 2022010826

| | コメント (0)

第10期・第4回 2限目実習 「松竹梅実習」

年末恒例の松竹梅の盆栽作りの実習を行いました。
来年も良い年になるようにと、願いを込めて作り上げていきました。
松竹梅作りは日本のお正月を祝う伝統の形のひとつです。
門松や松竹梅のお飾りなどは段々と作られなくなって、神社、仏閣が飾るのものとなり、一般家庭では今や珍しいものとなってしまいましたが、
時代が移り変わっても、お正月ぐらいは日本の心を持ち続けてほしいと思っています。
今年も個性的な良い作品が仕上がり、良いお正月を迎える準備が整いました。
お正月には玄関先や床の間に飾り、新年のお客様をお迎えください。
202112183 202112189
2021121811 2021121818
2021121822 2021121829

| | コメント (0)

第10期・第4回 3限目実習 「農産物収穫」

今年最後の実習はお正月用の野菜の収穫でした。
白ネギ、ダイコン、ニンジン、サトイモ、ショウガを収穫し、お持ち帰りとなりました。
2021121835 2021121839
受講生の皆さま、今年一年、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆さま、どうか良いお年をお迎えください。

| | コメント (0)

第10期・第3回 3限目実習 「寄せ植え作り」

毎年の寄せ植え作りは、ご家庭での栽培管理を目的としたものですので、春先まで日常の管理をお願いします。
ハボタンは農場で育成してあるものを使いました。好きなハボタンを畑から抜いてきてパンジーなどと寄せ植えしました。
2021111310 2021111319

| | コメント (0)

第10期・第3回 4限目実習 「タマネギ定植、ラッカセイ収穫」

タマネギの定植は竹の即席物差しを使って12cm間隔の定植を行いました。これにより、いつもの目分量から定植精度がかなり上がりました。
2021111326 2021111323
ラッカセイの収穫は、まずは株を引いてからそのあと宝さがしで、子房柄がはずれたラッカセイを拾い上げてもらいました。
2021111336 2021111345
収穫したラッカセイは水洗いして等分に分けてお持ち帰りしていただきました。
2021111350 2021111356

| | コメント (0)

第10期・第2回 3限目実習 「田んぼアート用イネの脱穀、サツマイモ出荷」

はじめに田んぼアート用イネの「紫大黒」「黄大黒」の脱穀作業からでした。
手先の細かい作業でかなり時間がかかりましたが、来年用の種子は確保できました。
2021102310 2021102319
次に農家市場裏のほ場でサツマイモの収穫と出荷作業を行いました。
2021102321 2021102323 
今年はかなりの不作で、出荷するほどの収穫とならず、ほとんどがお持ち帰りとなりました。
2021102331 2021102330
---------------------------------
午後から出荷のため急きょ、学習農場の5号ほ場のサツマイモを収穫しました。
こちらは豊作で10株ほどの収穫で出荷コンテナ2箱いっぱいとなりました。
5号ほ場で収穫をしてもらえば良かったと後悔しましたが、逆にほとんどお持ち帰り品がない状況でした。
2021102341 2021102346
超巨大となったイモが収穫され、農家市場の展示物となりました。
2021102333 2021102337

| | コメント (0)

第10期・第1回 3限目実習 「アズキの調整作業」

きょうの実習は収穫後のアズキの調整作業でした。
調整作業とは、収穫したまま状態のアズキから虫に食われたり、欠けたり、色が悪かったりなどの食用に適さないようなものを除去する作業で、なかなか根気のいる作業です。その後、一部を「赤いダイヤ」とするために磨いてもらい、ツヤが出るかどうかを確認してもらいました。
2021100915 2021100913
2021100912 2021100917

| | コメント (0)

第9期・第10回 3限目実習 「ライ麦の麦刈り、ジャガイモの収穫出荷」

麦刈りの実習は、2ほ場ありましたが、時間の関係で1ほ場のみとなりました。
ライ麦パンの時と異なり、穂を外してもらうところから始め、その後麦を地際で刈ってもらいました。
ストローの切り出しは、雨天時の実習になるかと思います。
202106126 2021061214
1ほ場の作業が終了後、ジャガイモの収穫作業でした。
2021061232 2021061234
ネギ苗の草引き、タマネギの残りも収穫していただき、収穫物は人数等分できょうのお土産としました。
2021061236 2021061237 

| | コメント (0)

第9期・第8回 4限目実習 「白ネギの播種、サトイモ定植、タケノコ収穫」

実習の初めは白ネギの播種からです。来月以降、自分の播種の状態を観察してもらうためにそれぞれ名札を挿していただきました。
202104104 202104107

次はサトイモの定植ですが、うね立てから始めて、種イモを掘り上げてもらい、バラバラにばらして定植していただきました。
2021041016 2021041017

2021041020 2021041022
最後に竹林の学習林に移動しタケノコの収穫を行いました。

| | コメント (0)

第9期・第7回 4限目実習 「シイタケの菌打ち、ジャガイモの調整」

実習は屋根のある堆肥舎内で原木にドリルで穴を空ける作業からで、菌を原木全体に回すためには穴の位置が重要になります。
2021031333 2021031312

そのあと、穴に種ゴマを打ち込みますが、打ち込み忘れのないようにする必要があります。
忘れると雑菌の侵入経路となってしまいます。
2021031325 2021031327
菌打ちが修了したら、山へ仮伏せの作業に行き、原木を井桁積みにしました。
その後、一昨年植菌した原木にシイタケが上がっていましたので、収穫も行いました。
2021031339 2021031343
予定では、ジャガイモを定植までしてもらいたかったのですが、雨でほ場の状態も良くないので、種イモを切断するところまで行いました。
2021031347 2021031349

| | コメント (0)

より以前の記事一覧