育種学

禹(う)の三角形(トライアングル)

この図は、「禹(う)の三角形(トライアングル)」といい、禹(う)という植物学者が、アブラナ科植物のゲノム(染色体構成)を解析し、その関係を表した、育種学分野で有名な図である。

アブラナ科植物のゲノムは、A、B、Cの3ゲノムがあり、それらの交雑により、AB、BC、ACの交雑種がある。
この図により、アブラナ科植物は、大家族であることがわかる。

pencil「n」は、生殖細胞の染色体数(体細胞は2n)
Blassica


| | コメント (1)

メンデルの遺伝の法則

メンデルはエンドウを用いて、”子は親に似る”という遺伝現象を明らかにし、この法則は、「メンデルの遺伝の法則」として有名である。その概要は、下記のとおりである。

異なる固定品種=親<P>をかけ合わせると、次代は雑種第1代=<F1>となる。

<F1>は、両親<P>の形質のうち、優性の形質が現れ、<F1>の遺伝子型は、すべて均一である。
<F1>が示す形質が両親<P
>より優れ、生育が旺盛となる現象を「雑種強勢」という。
このため、<F1>は農業上、大変利用価値が高いものとなる。

<F1>同士をかけ合わせると、次代は雑種第2代=<F2>となる。
<F2>は、遺伝の法則により、分離して形質は不揃いとなる。

Mendel1

Mendel2

| | コメント (0)