山野草

サヤエンドウの収穫が始まりました

農場では、サヤエンドウの収穫が始まり、たくさん収穫できました。
2013042762013042728

農場のあぜ草の中に、カラスノエンドウがありました。
カラスノエンドウも”収穫期”を迎えているようでした。
自然界での旬と、栽培による旬が一致していることに驚きました。
本当の”旬”とは、こういうことをいうのでしょうか。
2013042732
pencilカラスノエンドウ
 花が咲き、実がついています。

| | コメント (0)

”ウラシマソウ”が自生していました

dangerこの記事は、修正・更新いたしました。

写真は、とある場所に自生していた、”ウラシマソウ”です。
サトイモ科テンナンショウ属の多年草で、有毒植物です。
草全体にシュウ酸カルシウムの針状結晶を持ち、なめるだけでもその濃度が高く非常に危険です。
シュウ酸カルシウム単体は、毒物劇物取締法上の「劇物」に該当します。
身近なものでは、未成熟のパイナップルにもシュウ酸カルシウムを含む場合があります。
2013041333 2013041337

20130413362013041341

花序の”付属体”が仏炎苞(花弁)から長く伸びているのを、浦島太郎が釣り糸を垂らしている姿に見立てて”ウラシマソウ”と名付けられたとされる。
近縁種の”マムシグサ”は花序に”付属体”がないことで識別される。

| | コメント (0)