NPO農業塾

【2024.02 農業塾ホームルーム】 受講生のみなさんへ

●2月10日(土)は視察研修を実施します

すでに授業でもご案内しているところですが、2月10日(土)は視察研修です。
2月は、通常の講義、実習はありません。
視察研修へご出席の方で、急なご都合でご欠席される場合は、必ずわかった時点でご連絡をお願いします。

日時 令和6年2月10日(土)

松阪農業公園ベルファーム・北駐車場 
  9時00分 集合・出発
  公用車バスの配車は1台の予定です。

・北畠神社 日本庭園

・家城神社(こぶ湯)
  神社のご神職様より講話、見学等

・昼食 全員で囲んで昼食をとる予定です。
    (道の駅などでの自由食ではない予定です。)

・JA郷土資料館
  
・松阪農業公園ベルファーム・北駐車場
  16時頃 帰着予定  

研修費用 1人3,500円

※ルート上に積雪や凍結がある場合は、安全運行のため研修旅行を中止する場合があります。
 道路事情等でやむを得ず中止の場合、講師が直接ご参加の皆さまへ電話連絡いたします。

※研修旅行中であっても積雪となった場合、また道路事情で帰着時間が大幅に超過すると見込まれる場合、また北畠神社は凍結の恐れがあるため、途中で研修旅行を中止し、引き返す場合があります。

※研修効果を高めるため、原稿用紙2枚をお渡ししますので、後日ご提出ください。
※内容は、今回の研修を含め、農業塾に対する要望など自由記載とします。

| | コメント (0)

新年のごあいさつ

受講生ならびに関係の皆さま方
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。  

おかげさまで、松阪市後援・農業塾は昨年9月から第12期目を迎えています。
当農業塾の運営がNPO法人の解散にともなって、NPOから東畑精一顕彰会「楷(かいじゅ)の会」となって2年が経とうとしています。

この2年間は、とにかく学習環境の整備・確保が緊急の課題で「東畑生家」を管理されている中川電化産業株式会社の温かいお取り計らいで、東畑生家を学習施設として開放していただいたりしながら、何とか学習環境の維持に努力してまいりました。

そんな中、東畑記念館という県有施設の改修工事の話が持ち上がり、この改修工事には民間4社のご出資により、当会が工事の施主として工事実施への協力をいたしました。

本年2月2日には、当会が東畑記念館において改修工事の落成式を行い、東畑精一顕彰会「楷(かいじゅ)の会」の事務所が置かれることになっています。

この2年間、受講生の皆様方には大変なご不便をおかけしておりましたが、ようやく猛暑や極寒の中での青空教室から建物の中の教室を確保するに至りました。

このことは、多くの企業の方々からさまざまなご支援を賜り実現したことでありまして、そのご支援に応えられる農業塾の運営に今年も努力し続けたいと考えています。

これからも受講生全員が健康で楽しみながら農業で活躍できる、その中核となる農業塾をこれからも長く継続していく所存です。

本年も引き続き、農業塾へのご理解、ご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。  

松阪市後援 農業塾
   塾長 森川茂幸
   顧問 河中英祐
   講師 藤田育美
 

| | コメント (0)

第12期・第3回「ミカン狩り」

今年も昨年に引き続き、2回目となる三重県立相可高等学校へのミカン狩りを行いました。
今回も高校生が我々のサポートに入っていただき、お互いの交流を深めながら収穫体験となりました。
きょうは、中川電化産業株式会社の社員さまもご参加いただきました。
最初にお互いのごあいさつのあと、果樹園で高校生とともに収穫を楽しみました。
202311111 2023111112 
2023111118 2023111131 
2023111135 2023111114
あっという間に時間が過ぎ、最後に高校生代表のお2人からごあいさつがありました。
相可高校の先生方、高校生の皆さま、楽しい収穫体験をさせていただき、本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

松阪市後援・農業塾 第12期生の開校式を行いました

本日、第12期の松阪市後援・農業塾の開校式をとり行いました。

松阪市後援の農業塾となって2年目となり、松阪農業公園ベルファーム農場を維持しつつ、学習施設として東畑生家の施設を借用確保し、同地に農場を設置するに至っております。

第12期生の開校式は、東畑生家にて行いました。
今期はおかげさまで、多数のご応募があり定員を超える受講生数となっております。
開校式では、森川塾長から開校のご挨拶がありました。
そのあと、受講生Oさんから受講生代表のご挨拶がありました。
202309093 202309096
受講生の皆さまに自己紹介もいただきました。
ご欠席の方もみえましたが、今期はこのメンバーで農業塾を運営していきます。
2023090911
受講生の皆さまのご協力のもと、全員が活躍できる楽しい農業塾としていきたいと思います。
講師一同、受講生の皆さまとともに今期もがんばってまいりたいと考えております。
どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

農業塾 第11期・修了証書授与式

きょうは第11期の修了証書授与式を東畑生家にてとり行いました。今回は本業がお忙しく、残念ながら河中先生からの授与とはなりませんでしたが、森川塾長から修了証書の授与がありました。
202308055 202308056
ミカン狩りにご参加された小さなお子さんへの授与も行いました。
そのあと、受講生を代表してMさんにお言葉をちょうだいいたしました。
2023080511 202308059
我々講師も受講生の皆さまからのお言葉をしっかり受け止め、これからの農業塾の運営をがんばってまいりたいと思います。

| | コメント (0)

第11期・修了記念研修 煎茶道

例年は、修了式のあと半日程度で修了記念研修旅行を実施していましたが、新たな研修として煎茶道を学んではどうかということになりました。
煎茶道黄檗皎上月流家元の岡田皎上月先生をお招きして、岡田先生のお弟子さま十数名の方々に囲まれ、初めての煎茶道の研修に取り組みました。
岡田先生はじめ、お弟子さまの皆さまが晴れやかなお着物で、畳敷きの和室がお正月のような、それは華やかで厳かな空気のもと、始まりました。
岡田先生から煎茶道の歴史などを詳しくお話があり、社会の上層部などの権力とつながることのない茶の道であるというのが、煎茶道の上品さや清らかさに表れているのだと思いました。
2023080518 2023080553
2023080554 2023080559
お弟子さまがお点前をされましたが、とにかくお点前の所作が美しく、ずいぶんお稽古も積んでおられると思いましたが、お着物ですらりとした姿勢に、流れるようでいてしっかりと決まるような、小指の先までピンとした美しさ、上品さ、精神性、なんと申し上げたらよいのか、わかりませんが、ひとつひとつが見とれるような素晴らしいお点前でした。
一煎、二煎、三煎、と入れていただき、上品な和菓子と果物で、楽しいお茶をいただきました。
2023080568 2023080570

| | コメント (0)

松阪市後援の農業塾第12期生の募集を行います

松阪市後援の農業塾第12期生の募集を行います。
募集は若干名で、定員が満席になり次第、募集を停止いたします。

詳しくは、下記をご覧ください。
http://itpoweron.cocolog-nifty.com/npo/npo32.html

 

| | コメント (0)

第11期・視察研修 「ナント種苗株式会社さま、他」

2月11日、天候にも恵まれ、バスにて研修先の奈良県ナント種苗株式会社さまの宇陀育種研究農場へと向かいました。
ナント種苗株式会社さまには、祝日の少人数の研修にも関わらず、当農業塾の研修をご快諾くださり、心より感謝申し上げたいと思います。
今回の研修は受講生も楽しみにしており、当日は仕事を休んで参加してくださった受講生の方もありました。
20230211 20230211-6
三重県のご担当者さまから丁寧なご説明とご指導をいただき、育種目標の難しさや奥深さ、それに費やす年月など、勉強になる話が多く、受講生もさまざまな質問をして大変有意義な研修となりました。
20230211-39 20230211-52
品種のネーミングもユニークなナント種苗さまですが、農家との距離感を縮めようとする努力のような熱意を感じることができました。
当農業塾では、近くのホームセンターで種子を買う都合上、ホームセンターが扱う他社さまの種子を買うことが多いですが、今後は探してでもナント種苗さまの種子を使ってみたいと思います。
ナント種苗株式会社さま、業務ご多忙の中、ご指導を賜り本当にありがとうございました。

午後の研修は、宇陀市歴史文化館「薬の館」という宇陀市の指定文化財となっている施設です。
細川家という古民家は、もともと薬問屋であり、藤沢薬品工業株式会社(現:アステラス製薬)の創業者の生家ということです。
薬の豪商であったとみられ、展示物も昔懐かしい
の薬の看板であったり価値のあるものばかりですが、細川家という民家自体の価値がまさに文化財と言えるものだと思います。
20230211-69 20230211-74
薬の館でもご担当者さまから丁寧なご説明をいただきました。

最後の研修先は、国の指定天然記念物となっている「八ツ房杉」の見学でした。
八ツ房杉は、桜実神社の山中にあり、8つの主幹がある見事な巨木です。
20230211-93 20230211-100
研修にご参加されました受講生の皆さま、大変お疲れさまでした。
ナント種苗株式会社さま、大変お世話になりました。
ご参加の受講生の皆さまは、3月に研修レポートのご提出をよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

新年のごあいさつ

受講生ならびに関係の皆さま方
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。  

昨年は、当農業塾にとってまさに試練の年、激動の一年でした。
おかげさまで農業塾は昨年9月から第11期目を迎えていますが、NPO法人三重スローライフ協会の解散にともなって、あらゆる面で農業塾の運営が難しくなり、松阪市の後援をいただいたり、実習ほ場の確保はできたものの教室が使えなくなって野外の教室でしのいだり、受講生の皆さま方には大変なご不便やご心配をおかけいたしました。

とにかく学習環境の整備・確保が緊急の課題であったそんな折、「東畑生家」を管理されている中川電化産業株式会社の河中社長からそういうことならば、と快く東畑生家を学習施設として開放していただけることになり、窮地に追い込まれていた農業塾を救っていただきました。

東畑生家の開放のみならず、東畑生家の駐車場の畑地化や会社の公用車の貸与まで、運営の苦境にあった我々を温かくご支援してくださいました。
そこで河中社長を農業塾の顧問の先生としてお迎えし、今後も農業塾の運営にご指導をお願いしています。

東畑生家での農業塾は思ってもみなかったことですが、これには東畑精一博士も喜ばれてみえるのではないかと思います。
あらためて中川電化産業株式会社の河中社長はじめ、役員様、社員様に感謝申し上げたいと思います。

さまざまなご支援を賜り、そのご支援に応えられる農業塾の運営に今年も努力し続けたいと考えています。
これからも受講生全員が健康で楽しみながら農業で活躍できる、その中核となる農業塾をこれからも長く継続していく所存です。

本年も引き続き、農業塾へのご理解、ご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。  

松阪市後援 農業塾
   塾長 森川茂幸
   顧問 河中英祐
   講師 藤田育美
 

| | コメント (0)

第11期・第3回「ミカン狩り」

きょうは三重県立相可高校の果樹園へ「ミカン狩り」に行きました。
農業高校との連携は、林業関係では以前にもありましたが、果樹関係では初めての連携活動になります。
きょうは受講生のお子さん(小学生男児)もご参加いただき、にぎやかなミカン狩りとなりました。
小型バスに乗り合わせて相可高校の農場へと向かいました。
202211123 202211125
相可高校では農場長の先生、果樹の先生、相可高校の生徒さん6名も大勢で出迎えていただきました。
お互いのごあいさつと自己紹介を行い、高校生の皆さんと一緒にミカン狩りを行いました。
高校生の皆さんは、果樹を学習されている3年生の子たちでミカンの品種などを教えていただきながらミカン狩りを楽しみました。
思い思いにどの木がおいしいとか、日当たりが良い枝がいいとか品定めをしながら収穫をしていました。
2022111214 2022111219

カキは選果場にあったカキを分けていただきました。
2022111233 2022111228
選果場では、大きな選果機に見入っていた小学生の子に高校生の一人が「これは…こうなってるんだよ。」と説明している場面が見られました。
帰るころには小学生と高校生の間にゲームか何かの共通の話題ができたようで、すっかり仲良くなっていました。
楽しい時間はあっという間に終わり、最後に高校生代表のお二人からお礼の言葉をいただきました。
2022111239
美味しいミカンと普段は触れ合うこともない十代の高校生の若い子たちとの交流で、受講生の皆さんもとても良い刺激をいただきました。
きょうは休日にも関わらず、ご対応してくださった相可高校の先生方、6名の生徒の皆さま、本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧