東畑精一博士・顕彰

 東畑精一博士は、1899年(明治32年)、今の三重県松阪市嬉野町に生まれ、東京大学教授をはじめ、国政の要職を歴任し、戦後の日本農業の発展に貢献した偉大な農業経済学者です。
 おもな著書には「日本農業の展開課程」があり、日本の農業経済学の樹立に尽力された功績は多大なものがあります。
 晩年には、その数々の功績が評価されたことで、1980年に文化勲章を受章され、その3年後
の1983年(昭和58年)、83歳でその生涯を閉じられました。
 日本農業の発展に一生を捧げた東畑精一博士の偉業を顕彰したいと思います。
-----------------------------------------------------------
●松阪市民大学 

日時:2018年8月25日(土)14:00~15:30
場所:松阪市公民館 (受講者数:約100名)
講演:「農業経済学の草分け 東畑精一」


201808251201808252

20180825132018082518

--------------------------------------------------------
●第4回 松阪の偉人たち展

日時:2018年7月4日(水)~8日(日) 9:30~16:30(最終日は15:00まで)
場所:松阪市文化財センター第2ギャラリー (松阪市外五曲町1番地)

ギャラリートーク:7月8日(日) 10:00~「東畑精一」
開催案内PDF:「第4回 松阪の偉人たち展.pdf」をダウンロード

201807071201807073

201807075201807077

--------------------------------------------------------














---------------------------------------------------------
     Copyright(C) 2016 Ikumi Fujita All Rights Reserved.